search
とじる
トップ > レジャー > 「ヘニーヒューズ産駒に期待したい」シンザン記念 藤川京子の今日この頃

「ヘニーヒューズ産駒に期待したい」シンザン記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 まだ、1戦しか走っていない馬もいるので、力比べの根拠は薄くても拾って予想していきます。このレースには出走していませんが、同世代で好タイム実績のあるタイセイビジョンとの比較から根拠を探します。2番のヴァルナは2走前にタイセイビジョンと対戦して0.6秒差の3着。この時はタイセイビジョンがレコードを叩き出した時でもあるので、少し間引きしても良いとは思いますが、少し開きが大きいのが気になりますが、そのヴァルナと前走で10番のヒシタイザンの方が先着しています。そうなると、京王杯2歳Sはあまり当てにならないのかもしれません。

 それよりも、タイセイビジョンと2回対戦した6番のプリンスリターンは、前走朝日杯FS(GI)では、同馬から0.4秒差の5着で、それよりも先着したのが4番のタガノビューティーで4着。こちらの方が正確なのかもしれません。また、一方では、阪神JFは牝馬限定(GI)ですが、6着だった話題のリアアメリアは、アルテミスSで勝っていますが、1番のサンクテュエールは、そのレースで、0.1秒差の2着でした。

 これだけで、見比べるとタガノビューティーからプリンスリターン、サンクテュエール、ヒシタイザン、ヴァルナですが、タガノビューティーとプリンスリターン以外は根拠が薄いと言えると思います。しかし、末脚実績は東京なのでタイムが出やすいですが、サンクテュエールが好タイムです。問題なのは、新馬戦や未勝利を勝って来たばかりの馬の力ですが、レースでは9番のルーツドールは標準タイムですが、余裕のある勝ち方でしたし、5番のオーマイダーリンは京都で走破タイムは遅いですが、末脚でごぼう抜きをしています。

 ここ2年のデータを見ると、新馬戦、未勝利戦を勝って来た馬が馬券に絡んでいる事を考えると侮れません。前で競馬をする馬が多いのですが、タガノビューティー、プリンスリターン、オーマイダーリンは後ろからの競馬なので、ペースが速くなればこの3頭が有力になると思います。でも、京都なので後ろが届かないという可能性も考えた方が良いと思います。そうなると、ルーツドール、サンクテュエールの出番があると思います。

ワイドBOX 4、5、6
ワイドBOX 1、9、4

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ