search
とじる
トップ > レジャー > 「競馬は世相を表すそうです」ホープフルステークス 藤川京子の今日この頃

「競馬は世相を表すそうです」ホープフルステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 2019年は政治経済からゴシップまで、ニュースに事欠かない年になりましたね。そして、競馬では話題のゴールドシップ産駒からブラックホールが出走します。オカルト的には、この馬で決まりのような気がします。前走は大外を回って派手な勝ち方で、持ち時計は遅いですが、タイムの出やすいコースではまだ走っていないし、2歳戦ですからそれほど気にする事はないと思います。「あながち」もあるかもしれませんよ。

 さて、他のメンバーを見渡すと、2連勝して来たコントレイルが注目されていますが、前走の持ち時計は東京なので、速いと言えるかは微妙ですが、新馬戦の阪神右回りでも勝って来た事を考えれば、ポテンシャルが高い可能性があると思います。ディープインパクト産駒で、ポテンシャルの話をされても困惑されてしまうかもしれませんが、新馬戦では持ったままで余裕でしたし、前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、後ろから末脚使ってぶっちぎりで、コースレコードでした。今回も期待できそうで1番人気だと思います。

 問題は、流す紐の穴馬と言う事になりそうで、まだ、新馬戦勝ちの1勝ですが、ガロアクリークが良いかもしれません。過去のデータだと新馬戦勝ちの馬がこのレースでも勝ってしまう事もありました。勝たなくても馬券に絡む事は良くあります。2歳戦では、馬の力を計る実戦が少ないので、1勝馬は見落とされる事があります。さらに、未勝利戦の1勝馬は更に見落とされる事があります。オッズ的にはこの辺が狙い目になると思います。

 ここ3年は、1番人気の馬が勝っているレースですが、2連勝してきた馬の中には、2戦とも稍重・重馬場だったヴェルトライゼンデ、ワーケア等もいますので、持ち時計は遅いですが、良馬場での適性は計り知れませんので、コントレイルで決まりと言うのは、まだ早い気もします。それと、東京スポーツ杯2歳Sでは、コントレイルから1.5秒も離されましたが、3着だったラインベックも右回りのコースは走った事が無いので、まだ分かりませんが、この馬は2連勝して前走に挑んだのですが、2戦とも稍重・重馬場だったのです。

 それを考慮すると、ヴェルトライゼンデとワーケアが、逆に良馬場では実力を発揮出来ない事も考えられます。もし、この2頭が馬券から漏れると紐が荒れるかもしれません。コントレイルは産駒のディープインパクトに近い感じで、馬体重は軽いですが、逆にそれが良く見えますが、前走レコード勝ちの馬が次走で凡走する事は良くあります。人気の3頭が馬券から外れたら、世の中を表して大荒れ馬券もあるかもしれないと期待しています。

 2歳戦ならレース映像だけを見ると、持ち時計を無視出来るので、ブラックホールの走りは中山適性があるようにも見えます。馬券は2つの展開に分けて勝負です。

ワイドBOX 2、11、5
ワイドBOX 1、4、7

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ