search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(1/31) 根岸S、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(1/31) 根岸S、他

1回東京競馬2日目(1月31日日曜日)予想・橋本 千春

☆東京11R「根岸S」(ダ1400メートル)
◎15モーニン
○16レーザーバレット
▲9タガノトネール
△11プロトコル、14サクラエール
 ダート界の新星、モーニンに期待。重賞初挑戦の武蔵野Sは惜しくも3着に敗れ、連勝記録は4でストップしたが、実力を疑う余地はない。中2週で再度の遠征競馬。目に見えない疲れがあったハズ。そんな過酷な条件の下、最低限の仕事(3着以内)を果たしたのは実力の証し。もちろん、同じ失敗を繰り返すことは考えられない。心身ともリセットして約2か月半、ジックリ英気を養って来た。反撃態勢は整ったと判断でき、素直に底力を信頼したい。当面の相手は、大器晩成を地で行くレーザーバレット。円熟期に入っており好勝負必至。

☆東京12Rサ4歳上1000万下・芝1800メートル
◎1マルターズアポジー
○9ディアデルレイ
▲4エニグマバリエート
△2ベストドリーム、5マイネルネーベル
 休養を境に一皮むけた、マルターズアポジーでいける。ここまで、(2)(4)(3)着と、毎回上位争いに加わっておりチャンスは時間の問題。GIII・ラジオNIKKEI賞3着も、ここでは大威張りできるし普通に走ってくれば結果は付いてくる。相手筆頭は、上り馬のディアデルレイ。

☆京都11R「シルクロードS」(芝1200メートル)
◎16ビッグアーサー
○1ダンスディレクター
▲15ネロ
△5サトノルパン、8ローレルベローチェ
 デムーロ騎手に乗り替わり、必勝態勢を整えたビッグアーサーをイチ押し。期待した阪神Cは3着に終わっているが敗因は明らか。初めての1400メートルと、馬場の悪い内を走って来たことが最後に響いたのだ。0秒2差なら悲観することはない。条件は前走から大きく好転している。<6200>と、連対率10割を継続中の1200メートルならチャンスは限りなく高い。一番の敵は道悪馬場だけ。相手は、休養を挟んで連続2着中のダンスディレクター。得意の京都コース(4勝)に替わり好勝負に持ち込みそう。

☆中京11R「中京スポーツ杯」(芝1600メートル)
◎3タガノエンブレム
○5メイクアップ
▲7レーヴデトワール
△1サウンドデューク、4オンタケハート
 休み明け2戦目で上積みの大きい、タガノエンブレムが狙い目。その前走は太目残りのうえに、出遅れる不利も重なった。それで、0秒9差なら決して悲観することはない。もともと、休養前にこの条件を快勝しているように実力と実績の裏付けは確かだし、起死回生の一発がある。当面の相手は、メイクアップ。近5戦、(3)(3)(2)(3)(3)着と安定感抜群で好勝負必至。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ