search
とじる
トップ > レジャー > 「渋井哲也の気ままに朝帰り」ここにいるときは、あなたが恋人です

「渋井哲也の気ままに朝帰り」ここにいるときは、あなたが恋人です

 「はじめまして」
 そう言いながら、笑顔を見せ、膝をつきながら、おしぼりを差し出した。通常は座る前後に、目の高さあたりで挨拶する嬢が多いことだろう。しかし、この日に出会った嬢は、私の目の位置よりも下から、見上げる感じで挨拶をしてきた。

 普通の嬢ではないなと直感した。

 顔が元カノに似ていて、感情移入しやすかったというハンディを除いても、この挨拶から入ったために、出会ってからのドキドキ感は増していた。

 「お名前は何ですか? 私に、なんて呼ばれたいですか?」
 というフレーズはどこでも聞く。ただ、萌え系が好きな私は、アニメのキャラクターみたいな振る舞いに、さらにドキドキしてしまった。

 「彼氏は何人いるの?」
 彼氏がいるかどうかはよくキャバクラで話題になる話。嬢は決まって「いません。別れたばかりです」という。

 だから、私はいつの間にか彼氏がいるか・いないかということではなく、「何人いるのか」と聞くようになった。この日も同じ質問をしてみた。

 普通は「一人もいませんよ」と応えるのだろうけど、嬢は私を見つめ、「ここにいるときは、あなたが恋人です」と応えた。

 ベタな返しではあるけど、どうせ嘘をつくのなら、ファンタジーの世界に連れて行ってほしい。その意味では、この返しはヒットでは?

 この嬢、こうした会話のやりとりだけが優れているのではない。お客を楽しませる努力をいろんなところでしているのがわかる。

 「英語を教えてほしい」
 外国人が来るかもしれないから、英語のカンペを用意しているのだ。

 これは二つの意味で客が萌える。
 「〜を教えて」というフレーズは、甘えん坊キャラでありながらも、同時に向上心があるんだな、と思わせる。

 そして、おもむろに取り出したのが、英語の短い文が書いてあるカンペ。単に「学びたい」と思っているのではなく、それを示す現物を持っているのだ。誰もが「いい子」だなって思い、指名してしまいそうだ。私も場内指名してしまった。

<プロフィール>
渋井哲也(しぶい てつや)フリーライター。ノンフィクション作家。栃木県生まれ。若者の生きづらさ(自殺、自傷、依存など)をテーマに取材するほか、ケータイ・ネット利用、教育、サブカルチャー、性、風俗、キャバクラなどに関心を持つ。近刊に「実録・闇サイト事件簿」(幻冬舎新書)や「解決!学校クレーム “理不尽”保護者の実態と対応実践」(河出書房新社)。他に、「明日、自殺しませんか 男女7人ネット心中」(幻冬舎文庫)、「ウェブ恋愛」(ちくま新書)、「学校裏サイト」(晋遊舎新書)など。

【記事提供】キャフー http://www.kyahoo.jp/

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ