search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「ちゅらさん」再放送で改めてクローズアップされた国仲涼子の巨乳ぶり

「ちゅらさん」再放送で改めてクローズアップされた国仲涼子の巨乳ぶり

 ここに来て、推定Fカップともいわれる女優・国仲涼子(34)の巨乳ぶりが、改めて、クローズアップされている。

 そのきっかけとなったのが、国仲の代表作であり、出世作でもあるNHK朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」(01年4〜9月)の再放送が、9月30日より、NHK・BSプレミアムでスタートしたためだ。

 同ドラマは視聴者の評価が高かった朝ドラで、好評のため、「ちゅらさん2」(03年3〜4月)、「ちゅらさん3」(04年9〜10月)、「ちゅらさん4」(07年1月)と、続編も第4弾まで放送されたヒット作。

 同作品の撮影が始まった当時、国仲は21歳だったが、女子高生役も違和感なく演じている。ドラマのなかでは、バストが強調される服装でも、度々登場しており、その巨乳ぶりを存分に披露。今さらながら、国仲の胸に悩殺された人も多いようだ。

 国仲は79年6月9日生まれ、沖縄県那覇市出身。那覇市内の飲食店でアルバイトしているところをスカウトされ、上京。98年、フジテレビ系「アイドルハイスクール 芸能女学館」にレギュラー出演した後、99年4月期のTBS系ドラマ「L×I×V×E」(今井絵理子/新垣仁絵主演)で女優デビューを果たし、同年11月のTBS系の深夜ドラマ「悪いオンナ『プレイヤー』」で初主演。そして、「ちゅらさん」でビッグチャンスをモノにした。

 その後は数々のドラマ、映画に出演。最近ではNHK「激流〜私を覚えていますか?」(13年6〜8月/田中麗奈主演)、TBS系「名もなき毒」(13年7月期/小泉孝太郎主演)などに出演した。

 11月9〜29日に、大阪・新歌舞伎座で開かれる開業55周年記念の「五木ひろし特別公演」では、舞台「三味線恋歌」で五木の妻役を演じる予定。

 自称巨乳評論家のA氏によると、「“隠れ巨乳”と言われることもありますが、国仲は立派な巨乳。11年7月に出した7年ぶりの写真集『COLORS』では、大胆なショットも披露しましたが、賞味期限が過ぎないうちに、また露出系の仕事をしてほしいですね」と語る。

 今や、すっかり名脇役となった国仲のさらなる活躍に期待しています。
(坂本太郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ