search
とじる
トップ > レジャー > 金鯱賞(GII、中京芝2000メートル、11日)藤川京子のクロスカウンター予想!

金鯱賞(GII、中京芝2000メートル、11日)藤川京子のクロスカウンター予想!

 今年の金鯱賞出走メンバーを見渡すと先日の中山記念の匂いが少し漂います。力上位と思われたリアルスティールやヌーヴォレコルトが両方ともまさかの凡走。モーリスに勝った事のあるネオリアリズムが勝ちました。中山だったという理由もあるのかもしれませんが離され過ぎでした。そうなるとネオリアリズムとの対戦成績も強さの基準の一つになると思います。

 このメンバーで、ネオリアリズムに勝った事があるのはヤマカツエース。ネオリアリズムがまだ本格化する前の時期ですが一つの手掛かりだと思います。丁度ヤマカツエースは、2か月前の同じレースで、勝っています。メンバーは違いますが前走の有馬記念では、4着と力がある所を見せてくれました。

 人気になると思われるステファノスは、秋の天皇賞組の3着馬で、中山記念では天皇賞(秋)組は、下のクラスであるサクラアンプルールにでさえ、尽く負けてしまいました。これも中山コースが原因だと言えばそれまでですが、これだけを見るとレベルが低かったのかと思えてしまいますがそのサクラアンプルールに前走で勝ったスズカデヴィアスも捨てがたい存在になってしまいました。

 しかし、ヤマカツエースは、天皇賞(秋)では、大敗し、スズカデヴィアスも2か月前のこの同じ名前のレースでは大敗しています。これを踏まえて、このレースは、昨年の暮れに行われていたレースで、今年から時期が移行しましたが同じ傾向になる可能性も考慮します。前回までの傾向を見ると天皇賞(秋)組と小倉大賞典組がよく馬券に絡んでいます。もしかしたらステファノス陣営は、それと斤量56kg狙って、このレースにしたのかもしれません。

 そうなると逆のパターンも頭を過ります。ステファノスが末脚だけで勝負して来るとヤマカツエースが差し切られてしまう展開もあるので、馬券の組み立て方が勝負の分かれ目になりそうです。

 それと3走前の毎日王冠では、ステファノスとヒストリカルに勝ったルージュバック。また、ステファノスに勝った事のあるサトノノブレス。

(6)◎ヤマカツエース
(9)○ステファノス
(1)▲ルージュバック
(10)△サトノノブレス

ワイド BOX (6)(9)(1)(10)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ