search
とじる
トップ > レジャー > 「緊急事態再発令でも、家で競馬なら大丈夫」ニューイヤーステークス  藤川京子の今日この頃

「緊急事態再発令でも、家で競馬なら大丈夫」ニューイヤーステークス  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 さぁ、新しい時代の幕開けです。良くなる事を願いつつ競馬予想も頑張ります。2021年の一発目はニューイヤーステークスで、中山芝1600mで注目はアルーシャで、前走の毎日スワンSでは、香港マイル3着のアドマイヤマーズと同タイムの4着だった事を考えれば、注目も仕方ありません。但し、今回は斤量が57kgで前走より3kg重いので、前走と同じパフォーマンスを出せるかは分りません。このレースの近年の傾向を見ると、前走より2kg増えても馬券に絡んでいる馬は多いですが、3kg増はいません。元々が斤量3kg増の馬が少ないので偶然の可能性も高いですが、負担は大きいと思います。
 逆に、斤量が減って、良さそうなのがクラヴァシュドール。4走前の桜花賞では4着で、2走前のローズSでは5着です。元々はポテンシャルの高い馬ですが、少し成績にムラがありますが大チャンスだと思います。鞍上も年末GI東京大賞典を勝ったM.デムーロ騎手で、運勢も上向きかもしれません。得意な1600mで復活の狼煙が上がると思います。

 逆に、大きいレースには出走していませんが、成績が安定しているのがサトノウィザードで、ロードカナロア産駒で、持ち時計はそれほど速くはありませんが、後ろから差す競馬なので、展開に合わせているだけだと思います。また、ビッククインバイオも飛び石ですが、勝つレースが増えてきました。中山より東京の左回りの方が得意だと思われる実績ですが、侮れない存在でもあります。この馬は前々で競馬をしているので、ペース展開が重要になりますが、ペースが落ち着けば残れるかもしれません。

 気になるのはロフティフレーズで、中山実績での好成績が目立ちます。全く駄目な時もありますが、ここ2戦は中山で、3着、1着と順調で、後ろから差す競馬でした。もし、サトノウィザードと一緒に上がって来れれば、一緒に付いて来るかもしれませんので、アルーシャ同様に差しで決まる結果も予想できます。
 
ワイドBOX 12クラヴァシュドール、6ロフティフレーズ、3アルーシャ
ワイドBOX 11ビッククインバイオ、13ミラアイトーン、16サトノウィザード

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ