search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(11月15日)エリザベス女王杯(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(11月15日)エリザベス女王杯(GI)他1鞍

【今週の予想】

☆阪神2R 2歳未勝利(芝1600m)
 ルークズネストは、デビュー戦で大きく出遅れたが、3コーナーから仕掛けていき、直線もしっかりと脚を伸ばして2着。大きく出遅れたことを考えれば、かなりの能力を感じさせる内容だった。勝ち上がりを期待した前走だったが、スタートはスッと出たものの重馬場だったためか、初戦で見られた雄大なフットワークは影を潜め伸びきれず5着。今回は良馬場での競馬が見込め、そうなれば突き抜けてもおかしくない。

◎ルークズネスト
〇リッケンバッカー
▲サトノスカイターフ
△₁キョウジ
△₂フランクエトワール
△₃ヴィスコンティ

買い目
【馬単】6点
◎⇔〇▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂△₃
〇▲→◎→〇▲△₁△₂△₃

☆阪神11R エリザベス女王杯(GI)(芝2200m)
 京都競馬場の改修工事により、今年のエリザベス女王杯は阪神競馬場での舞台となることで、京都の外回りから阪神の内回り、直線も平坦から坂のあるコースとなるため、例年とは傾向が異なり、持久力が問われるレースとなりそうだ。そこで白羽の矢を立てたのがノームコア。近走はマイルを中心に使われており、テンに置かれて追い込み届かずといったレースが続いていたが、前走の札幌記念(GII)ではその経験が生きたか、馬なりのまま6番手あたりの位置を取り、勝負所ではスッと上がっていき、直線だけで突き抜けた。それも負かした相手はGI馬ペルシアンアイトや、今回最大のライバルになりそうなラッキーライラックだから価値は大きい。今回はさらに1ハロン距離が延びるが、血統、馬体から見れば問題ないだろう。鞍上も完全に手の内に入れており、札幌記念のレースぶりを見れば、今回の舞台は向くだろう。ここは勝ち負け必至。相手本線は連覇がかかるラッキーライラック。昨年エリザベス女王杯で完全復活を遂げると、その後は香港ヴァーズ(GI)、中山記念(GII)で2着、大阪杯(GI)では並みいる牡馬を破って優勝と、その力は古馬のトップクラス。近2走は宝塚記念(GI)で6着、札幌記念で3着と敗れているが、宝塚記念はハイペースと馬場が影響したもので、札幌記念は仕上がりと目標にされた分と見ている。今回も厳しいマークにあうだろうが、牝馬同士なら複勝圏内は外せない。▲は連勝で勢いに乗るサラキア。以下、ウラヌスチャーム、ラヴズオンリーユー、ソフトフルートまで。

◎(6)ノームコア
〇(18)ラッキーライラック
▲(13)サラキア
△(15)ウラヌスチャーム
△(11)ラヴズオンリーユー
△(4)ソフトフルート

買い目
【馬単】4点
(6)→(13)(15)(18)
(18)→(6)
【3連複2頭軸流し】4点
(6)(18)-(4)(11)(13)(15)
【3連単フォーメーション】16点
(6)→(13)(15)(18)→(4)(11)(13)(15)(18)
(18)→(6)→(4)(11)(13)(15)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ