search
とじる
トップ > レジャー > 「ナムラカメタローを知っていますか」 みやこステークス 藤川京子の今日この頃

「ナムラカメタローを知っていますか」 みやこステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 スピードを問うレース馬にカメ(亀)という名前が入ってますが、遅いわけではありません。寧ろ、速い方だと思います。名前にカメが入っていてもキングカメハメハという名馬もいます。佐賀記念では、ロードゴラッソに先着して勝っています。その時の実況は、今でも覚えています。「ナムラカメタロー、ナムラカメタロー」と何度も連呼され、まるで喜んでいるような雄叫びでした。余談はさておき、その次のレースの名古屋大賞典では、ロードゴラッソに負けてしまいましたが3着。更に、前走、前々走では馬券に絡んでいませんが、斤量は58kgを背負わされた太秦Sでは、このレースにも出走するクリンチャーとタイム差なしの5着。馬場不良ではありましたが、クリンチャーとやり合える力は実証されています。その太秦Sでは、ベストタッチダウンが勝ちましたが斤量は56kgで、クリンチャーとナムラカメタローは斤量58kgで4着、5着。タイム差は0.4秒だったので、今度は両馬共に斤量が57kgになるのですから逆転の可能性が窺えます。

 少し気になるのは、このレースは毎年、京都で行われるのですが、今年は阪神競馬場ですので、過去のデータは使いづらい所で、ヒストリーメイカーが、4走前の阪神の仁川Sで0.1秒差でクリンチャーに先着していますが、斤量は54kgで、クリンチャーは57kgでした。今回はヒストリーメイカーが56kgで、クリンチャーは57kgですから、ここでも斤量を考慮すれば逆転の可能性があると思います。

 平安Sや阿蘇Sで力比べすると、ヒストリーメイカー、スワーヴアラミス、マグナレガーロ、エイコーンという順番になりますが、その差は小さいですし、内枠には、かしわ記念でケイティブレイブに勝ったワイドファラオがいますが、斤量が59kgです。また、10か月の休養明けですがポテンシャルの高いエアアルマスも出走します。少頭数ではありますが、意外に荒れるかもしれませんし、ナムラカメタローも前で持てばワンチャンスあると思います。

 クリンチャーが、阪神ダートで馬券から外れた事が無いので、無難だとは思いますがいつも2着ないし3着で、後ろから行くスタイルが響いているのかもしれません。
 
ワイドBOX 6、3、5
ワイドBOX 6、10、1 

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ