search
とじる
トップ > レジャー > 「ちょっと気になる馬がいました」 ファンタジーS 藤川京子の今日この頃

「ちょっと気になる馬がいました」 ファンタジーS 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 オパールムーンの前走は道中で掛かり気味でしたが、鞍上からの指示に従う場面もあり、最終コーナーからの立ち上がりも良かったのですが、最後の競り合いで、もう一叩きでの更なる加速は、ギアがあるような走りに見えて驚きました。前走は1500mでしたけれど、今回は1400mですが、鞍上の指示に従えるならこの持ち時計でもやれると思いました。

 他にも少ない実績ですが、昨年の1着馬が京都の稍重新馬戦で1分22秒9の持ち時計からこの1着になっていますので、薄い根拠ですが2連勝しているサルビアが、前走の京都稍重1分23秒2で、2着馬を0.8秒引き離して勝っていますので、余裕があったと想定されますから、3着迄ならあると思います。

 また、ラヴケリーは、3戦して3回とも馬券に絡み、前走はオパールムーンほどではありませんが、同じ札幌で近いタイムだった事を考えると、オパールムーンが馬券に絡むなら、この馬も一緒に来ると読みました。それと3連勝中のヨカヨカは、3戦とも1200mでしたが、3回連続となるとポテンシャルの高さを感じます。そうなると、短い距離実績の馬達が馬券に絡みやすい展開なら、重馬場でしたけれど、小倉2歳Sでも勝って2連勝しているメイケイエールも有力になる筈。

 近年の傾向では、1400m以上を経験している馬の方が馬券に絡みやすい傾向が強いですが、前走1200mが全く駄目と言うわけでもありませんので、念の為に馬券は、1400m以上での実績がある組と1200m実績馬と1400m1勝馬で分けて組み立てました。

ワイドBOX 6オパールムーン、9ラヴケリー、4サルビア
ワイドBOX 3ヨカヨカ、10メイケイエール、12オプティミスモ

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ