search
とじる
トップ > レジャー > セントウルS追い切り サンダルフォン絶好

セントウルS追い切り サンダルフォン絶好

 前走の北九州記念では直線で鋭い伸び脚を発揮し、初重賞制覇を手にしたサンダルフォン。酒井学騎手の手腕はもちろんだが、以前にも増して末脚に磨きがかかってきた。

 「これまではメンコなどで気難しい面を矯正していたけど、今はそれを着けなくても集中して走れる。それが終いの伸びにつながっているね」と大渡助手は充実ぶりをアピールする。
 前走Vでサマースプリントシリーズでも3位につける健闘を見せている。ここを勝てば逆転でのシリーズ制覇となるだけに陣営もやる気満々だ。

 「GI馬などメンバーはかなり強くなった。でも、今の状態で普通に走ればいいレースになるよ」。大渡助手は相手強化にも自信を見せていた。

 【最終追いVTR】CWコースで6F81秒6、上がり3F37秒0→11秒6(直線強め)をマーク。道中から軽快な脚色で、動きは実にスムーズ。直線で仕掛けられると、鋭く伸びてフィニッシュした。前走の疲れはなく、好調をキープしている。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ