search
とじる
トップ > レジャー > 天皇賞・春(GI、京都芝3200メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

天皇賞・春(GI、京都芝3200メートル、30日)藤川京子のクロスカウンター予想!

 長距離なので、スピードもさることながらその馬の調子が重要なレースなのかもしれません。

 その中では、キタサンブラックが順調に見えます。データ的にも昨年このレースで勝った前走は、今年と同じ大阪杯で、昨年は2着、今年は1着で調子を落としているとは思えません。

 サトノダイヤモンドも前走は好タイムで阪神大賞典を勝ってきました。こちらも順調のようです。難点があるとすれば斤量58kgは、今回が初めてだということでしょうか。

 問題の紐ですがシャケトラ、シュヴァルグラン、アルバート、レインボーラインと上げられます。しかし、対戦成績だけでなくその対戦時の斤量を見ると、負けていますが、斤量が多かったりするので、注意深く、目を細めて、上がりタイム実績も見るとトーセンバジルが浮かび上がってきます。

 前走の阪神大賞典は、後ろからの競馬で、速い流れの中で3着。今回も速い流れなら、前からズルズル落ちて来る有力馬がいると思うので、末脚が生きる可能性が高いので、この馬も馬券に添えてほしいと思っています。

3◎キタサンブラック
15○サトノダイヤモンド
6▲シュヴァルグラン
13△トーセンバジル
1△シャケトラ
16△レインボーライン
12△ゴールドアクター
7△アルバート

ワイド BOX3、15、6、13

3連単フォーメーション
1着3、15
2着3、15、6、13、1、16、12、7
3着3、15、6、13、1、16、12、7

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ