search
とじる
トップ > トレンド > Apple製品関連アクセサリー市場に起きる珍現象

Apple製品関連アクセサリー市場に起きる珍現象

 iPhoneやiPodは新しいモデルが発売される度に、本体の規格も大幅に変わる事が多い。例えば、iPhoneは「初代iPhone⇒iPhone3G⇒iPhone3GS」と三世代に渡る新機種の発売の中でデザインに大幅な変化は生じなかった。故に、iPhone3G用のカバー等アクセサリーはiPhone3GSモデルにも対応という形で長きに渡って兼用する事が出来た。

 しかし、現在の最新機種であるiPhone4はこれまでのiPhoneシリーズとは全く異なるデザインである為、コネクターカバー以外の本体アクセサリーは引き継ぐ事が出来ない。また、iPhone4の発売に伴いiPhone3Gは販売終了、iPhone3GSも今や一部でしか発売されていない。iPhone4の登場によって、関連アクセサリー市場においても大きな変化が起き、今や本体カバーをはじめ店頭で取り扱っている付属品は殆どがiPhone4専用のものだ。

 だが、iPhone3GSを利用しているユーザーはまだまだ多く、街中でiPhone3GSのユーザーで本体にカバー等をつけずにむき出しのまま利用している人を見かけた経験のある方も多いのではないだろうか?
 現在ではiPhone3GS用のアクセサリーは入手困難となっている為、やむなくカバー未装着のまま利用を強いられているユーザーが多いようだ。いくら新機種が台頭しているとは言え、店頭に在庫がまだありそうなものだが、iPhone4登場に伴って各メーカーが生産中止だけでなく、在庫を引き上げているのだという。

 結果、旧型機種用のアクセサリーは希少品扱いされ、在庫を残す一部店頭では新機種用のアクセサリーと比較して、倍近いプレミア価格が付いている場合も多々ある。と思えば、逆にネットショップにおいては一部のアクセサリーは叩き売り同然のクリアランスセールが行われている等、価格面に激しくブレが生じる珍現象が起こっている。
 因みに関連アクセサリーの流通や取り扱いに関しての諸々の現象はiPodやiPod touch等においても生じている。
(帯刀良)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ