search
とじる
トップ > レジャー > ユニコーンステークス(GIII、東京ダート1600メートル、18日) 藤川京子のクロスカウンター予想!

ユニコーンステークス(GIII、東京ダート1600メートル、18日) 藤川京子のクロスカウンター予想!

 ダート1600mのレースですが3歳戦なので、まだ本気で走っていない可能性のある馬に注意しながら予想していきます。

 1400mでは連勝していますが、両方とも重馬場だったので、未知数ながら走りを見ていると、前でも後ろからでも騎手の指示に従って走る事が出来そうなサヴィ。前走は、最後方からの末脚だけでごぼう抜きの鮮やかな走りを見せてくれました。但し、重馬場だった事を考えると走破タイムはあまり早くありません。他の馬が遅かっただけと言う可能性もありますが同時に、後ろからだったので、本気で脚を使っていない可能性もあります。

 それとテイエムヒッタマゲは、前走は芝の阪神1800m毎日杯レースで8着でしたけれど、その前は中京ダート1400m昇竜Sで勝っています。このレースには前走青竜Sで3着だったシゲルベンガルトラも出走していましたが、これに勝っています。人気はありませんが侮れないと思います。

 このレースの傾向は、やや長めの距離を経験した馬の方が馬券に絡みやすい傾向があります。できたら前走は1600m以上の方が望ましいようです。そこから探すとアンティノウスは、前走は東京ダート1600mを好タイムで勝っているし、1800mの経験もあります。馬券に絡む条件が揃っています。

 また、前走は芝ですがG1NHKマイルで2着。地方ながらダートの経験があり、勝っているリエノテソーロ。3走前はこのレースにも出走しているシゲルコングとも全日本2歳優駿で、大差で勝っています。但し、2戦したダートは重馬場だったので、乾いた砂での経験はありません。そこだけが不安材料です。

 それと前走の青竜Sで勝った馬は、サンライズソア。1800mのダートの経験もあり勝っています。

 但し、全体的に見渡すとメンバーの構成が例年と違う気がしますし、前走が重馬場だったりと荒れそうな気もしてきました。そこで、一発狙いで馬券を組み立てます。

(4)◎リエノテソーロ
(5)◯サヴィ
(16)▲トラネコ
(12)△テイエムヒッタマゲ
(13)△ウォーターマーズ
(7)△アンティノウス
(15)△サンライズソア

ワイドBOX(4)(5)(16)(12)

3連複一頭軸(4)軸(5)(16)(12)(13)(7)(15)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ