search
とじる
トップ > ミステリー > 2021年の世界はこうなる!? クレイグ・ハミルトン・パーカーの予言

2021年の世界はこうなる!? クレイグ・ハミルトン・パーカーの予言

pic pic

画像はイメージです

 毎年年末や年始になると、来年(ないしは今年)に何が起きるか予想する特集が組まれたりする。人は誰しも未来に起きることをあらかじめ知ることはできない。しかしそれでも先の見えない未来に関する不安を払拭したいからこそ、占いや予言の内容が気になってしまうものなのだろう。

 日本だけでなく海外のメディアも、2021年の予言に注目し、特集している。ノストラダムスやブルガリアの予言者ババ・ヴァンガらの予言が毎年恒例で出てくるが、近年欧州を中心に注目を集めているのがイギリスの霊能力者であるクレイグ・ハミルトン・パーカー氏だ。彼はこれまでにトランプ大統領の就任やイギリスのEU離脱、イスラム国掃討作戦の時期と概要などを的中させており、現在世界中を騒がせている新型コロナウイルス感染症のパンデミックも2018年の段階で予測していたと述べている。

 そんな彼は、2021年について次のように語る。

 「アメリカと欧州の経済が悪化し、特に欧州はイギリスのEU離脱以降崩壊への道をたどる。これは2021年に始まる」

 それではブレグジットを達成したイギリスの経済はどうなのかというと、短期間の経済的後退とそれに続く「着実な改善」に苦しむだろう、とのことだ。

 「2021年の最も危険な紛争の一つは、イスラエルとイランの関係悪化です。米国は制裁をやめるだろうが、これはイラン人にとって悲惨な結果を生むだろう」

 また、彼はイスラエルがサウジアラビアの支援を得てイランの核施設を攻撃すると予測しているが、これについては疑問視する向きもあるようだ。

 ​>>あの『大予言』を残した予言者、ノストラダムスの医療活動<<​​​

 また、2020年に混迷を極めたアメリカ大統領選挙については「民主党のジョー・バイデンが大統領に就任するだろう」と述べている。現職のトランプ大統領が選挙の不正を訴えているが、こちらについては「新たな選挙を要求するのに十分な証拠はない」としている。しかし「敗北したトランプ氏の発言力が増し、FOXテレビと契約して自身の主張や考えを語る『トランプチャンネル』が作られる。それを通して彼の支持者が増え、メディアを通してバイデンよりも影響力を持つようになるだろう」と語っている。

 果たして2021年、世界はどのように変貌していくのだろうか。

(山口敏太郎)

参考記事
Psychic predictions for 2021: Collapse of EU, war and Trump 'will become more powerful'
https://www.express.co.uk/news/weird/1377808/psychic-predictions-2021-collapse-eu-war-iran-israel-donald-trump-new-year-prophecy-evg

関連記事

タグから探す


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ