search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(10/14)「第19回鎌倉記念(SII)」(川崎)

ハッシーの地方競馬セレクション(10/14)「第19回鎌倉記念(SII)」(川崎)

pic pic

画像はイメージです

 枠順が・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第54回東京盃(JpnII)」。本命に推したラプタスは、まずまずのスタートを切ると、少し促してポジションを取りに行く。3コーナーあたりで先頭に馬体を並べると、そのまま直線へ。直線に入ってもしっかりと脚を使って粘っていたものの、残り150mあたりでジャスティンに振り切られ、50mあたりでは追い込んできた2頭に差されて4着。それでも大外15番枠からのスタートで、ポジションを取るまでに脚を使ってしまったことを考えると、勝ち馬と遜色ない力を持っている。次走以降も注目したい1頭だ。

 さて、今週は「第19回鎌倉記念(SII)」が川崎競馬場でおこなわれる。
 まだ2歳のこの時期ということだけあって、何が勝ってもおかしくない難解なレースだが、本命に推すにはデビューから2連勝中のナジャ。デビュー戦は、ほとんど馬なりのまま2着馬に1秒8差をつける圧勝劇。2戦目の前走は、まずまずのスタートから二の脚速く先頭に立つと、向正面では抑えている本馬に対し、後続は追って先頭との差を詰めようとするが、スピードの違いで差が開く一方。直線では残り150mあたりから流して2着馬に2秒0差と圧倒的な力差を見せつけた。まだ本気で追われたことがなくてこれだけの走りができるのだから、ポテンシャルは相当なものがあるだろう。まだ揉まれたことがないことや、追ってからの反応がどれだけあるのかなど未知の部分はあるが、それでも2戦のインパクトは絶大。ここで楽に初重賞制覇を果たしても驚かない。

 相手本線は道営から参戦のハッピーホンコン。これまで1200mまでの距離で2勝を挙げているが、スプリント戦ではテンのスピードが足りず、押してハナに立って逃げ切っていることからも着差以上に強い競馬をしている。本馬の血統、馬体からもう少し距離が延びた方が前半楽に競馬ができ、後半の粘りもさらに増すと見ており、1500mの今回は絶好の狙い目と見る。

 ▲は3連勝中のジョーロノ。
 以下、トーセンウォーリア、サラママまで。
◎(4)ナジャ
〇(2)ハッピーホンコン
▲(11)ジョーロノ
△(12)トーセンウォーリア
△(10)サラママ

買い目
【馬単】4点
(4)→(2)(10)(11)(12)
【3連複2頭軸流し】3点
(2)(4)-(10)(11)(12)
【3連単フォーメーション】9点
(4)→(2)(11)(12)→(2)(10)(11)(12)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ