search
とじる
トップ > レジャー > 「ダノンチャンス、名前は勝ってる」 釜山ステークス 藤川京子の今日この頃

「ダノンチャンス、名前は勝ってる」 釜山ステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 何となく、名前の響きが良いダノンチャンス。徐々に持ち時計も更新しているようです。札幌、函館が得意な印象ですが、小倉でも実績はあるのです。今回は57kgの斤量ですが、良い感じの成長を見せています。戦歴を見ると、勝った後は、疲れなのか燃え尽きちゃうのか凡走してしまうようで、買いづらいところですが、今なら戦う気持で走ってくれそうな気もします。

 タイム的には、ハクアイブラックが前走の函館1000mで57.9秒をマークしました。斤量は前走と同じで2連勝中です。この馬も徐々に良さげな感じです。デビューも小倉で2着でしたけれど、新馬戦のリベンジとなるかもしれません。馬場で考えると、ファビュラスギフトが小倉を4戦して3戦が馬券に絡んで2回ほど勝っているので、得意な競馬場なのかもしれません。前走も勝ち、小倉なら一発あるかもしれません。

 但し、天気予報を見ると小倉は暑くなりそうで、強い馬同士が前でやり合ってしまうと、最初から飛ばしていく1000mではスピードが速くなり過ぎて、逆に最後まで脚が持たずにタレてしまう事も良くあるので、そうなると大荒れもあると思います。そんな時は、後ろでチャンスを窺える馬が穴になります。そこで、内枠に入ったダノンチャンスは、前走で端を切きらずに勝っているので、ハイペースに巻き込まれずに様子を窺う事が出来るかもしれませんし、プリカジュールは長い所を走っていたので、持続的な体力は他のメンバーよりありそうなので展開で大穴として狙えると思います。

 前に行く馬が全部が落ちるとは思いませんが、思わぬハイペースも考慮して馬券を組み立てます。

ワイドBOX 3、4、8
ワイドBOX 1、10、6

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ