search
とじる
トップ > レジャー > 「そろそろ本気出してもらいましょうワグネリアン」宝塚記念 藤川京子の今日この頃

「そろそろ本気出してもらいましょうワグネリアン」宝塚記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 傾向としては、牝馬が出走頭数の割に、馬券に絡む事が多いレースで、過去10年で8回絡んでいます。そもそも強い牝馬が出走するので、馬券に絡むのは不思議ではありませんが、斤量が56kgという、牡馬より2kg軽いのが相当に好条件になるように思えます。但し、ブエナビスタも2年連続で2着だった事を思い出せば、「はいそうですか」とラッキーライラックが勝てるかは疑問です。ブエナビスタは、2年連続でヴィクトリアマイルを1、2着でこなしましたが、ラッキーライラックは、昨年は4着でした。しかしその代わりに、阪神2000mの大阪杯では勝ってみせたのです。また、昨年の覇者であるリスグラシューは、香港ヴァーズ2着で、ラッキーライラックも2着の実績があります。

 前走の大阪杯の事を考慮すれば、同タイムの2着クロノジェネシスともども有力馬であると言えますし、昨年のこのレースで2着だったキセキが大阪杯2着だったのです。ここまで来れば、大まかに目星を付けられる所ですが、サートゥルナーリアという不気味な存在がいます。昨年の有馬記念ではリスグラシューに次いで2着でしたし、前走も勝っているので、本調子になってきたようにも思えます。今年もこのレースに出走するキセキより先着しているのです。右回りなら馬券から外れた事はありません。更に、不気味なのがグローリーヴェイズで、香港ヴァーズはラッキーライラックに先着しています。

 勿論、想定を覆す馬が馬券に絡む事もあります。前走の天皇賞春2着のスティッフェリオ、鳴尾記念3着のレッドジェニアル、新潟大賞典1着のトーセンスーリヤといった調子が上向いている馬は、18年に穴を開けたノーブルマーズのように、人気薄の強い馬に引っ張られて後ろから来る時があります。そもそも強い馬達が集まるGIなので、ポテンシャルが高い馬達だらけです。そう思うと、ダービー馬のワグネリアンが本気出したら恐ろしい存在ですし、鞍上の福永騎手もダービーを獲った馬ですから、もう少し勝たせてあげたいと思っていると妄想しています。近走の2000mでは掲示板に甘んじていますが、距離が延びれば好都合だと思います。因みに、当日の天気予報では雨模様なので、稍重馬場も想定しています。そうなると、有馬記念馬のブラストワンピースの出番でもあります。
 
ワイドBOX 7、3、18、11
ワイドBOX 16、5、15、17

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ