search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(5月24日)優駿牝馬(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(5月24日)優駿牝馬(GI)他1鞍

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・東京11Rが◎→▲→△で決まり、馬単950円、3連複2,960円、3連単7,340円。

【今週の予想】
☆京都3R 3歳未勝利(芝1800m)
 アクターヒロインの変わり身に期待する。デビュー戦となった前走は、既走馬が相手だったことや馬場が悪かったこともあるが、内で揉まれて力を発揮できずに終わってしまった印象。追い切りでは水準以上の動きを見せており、力さえ出せれば勝ち負けできるだけのものは持っている。今回は良馬場でレースができそうで、一度使われて状態は上がっており、上位争いになると見る。

◎アクターヒロイン
〇ダンツイノーバ
▲ムジカ
△₁レッドラルーチェ
△₂アージオン
△₃ヤマニンプティパ
買い目
【馬単】6点
◎⇔〇▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単2頭軸マルチ】24点
◎〇⇔▲△₁△₂△₃
☆東京11R 優駿牝馬(GI)(芝2400m)

 無敗の二冠馬誕生だ!3戦3勝と無敗で桜花賞を制したデアリングタクトだが、どのレースも大きなインパクトを残した。前々走のエルフィンSは4角10番手から直線軽く仕掛けただけで突き抜けており、ディープインパクトの若駒Sを彷彿させた。前走の桜花賞は追い込み馬には厳しい非常にタフな馬場となったが、4角12番手あたりから突き抜けた内容は驚愕の一言。それも非常にタフな馬場だったのにも関わらず、よれることなく真っ直ぐに追い込んで来ており、余程体幹がしっかりとしていなければできない芸当。距離延長を心配する声もあるが、血統、馬体ともにマイラーというものではなく、十分にこなせると見る。デキに関しても申し分なく、二冠達成の可能性は高いだろう。相手本線は距離延びて本領を発揮するクラヴァシュドール。前走の桜花賞では、勝負どころで不利がありながら、メンバー中2位の上がりを使って4着まで追い込んでおり、スムーズならと思わせた。東京競馬場は4走前のサウジアラビアRCで経験しており、さらには後に朝日杯FSを勝つサリオスと好勝負を演じているように、東京替わりはプラスとなりそう。これまでマイルばかりを使われているが、血統、馬体を見ても距離延びて本領を発揮しそうなタイプで、デアリングタクトをヒヤリとさせるのは本馬かもしれない。一発なら底を見せていないデゼル。以下、ミヤマザクラ、リリーピュアハート、アブレイズまで。

◎(4)デアリングタクト
〇(2)クラヴァシュドール
▲(1)デゼル
△(10)ミヤマザクラ
△(11)リリーピュアハート
△(3)アブレイズ
買い目
【馬単】6点
(4)→(1)(2)(10)(11)
(1)(2)→(4)
【3連複1頭軸流し】10点
(4)-(1)(2)(3)(10)(11)
【3連単フォーメーション】20点
(4)→(1)(2)(10)→(1)(2)(3)(10)(11)
(1)(2)→(4)→(1)(2)(3)(10)(11)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ