search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ハリセン春菜、涙こらえて志村さんに感謝「居場所を作ってもらった」“恩師”からの教えを語る

ハリセン春菜、涙こらえて志村さんに感謝「居場所を作ってもらった」“恩師”からの教えを語る

pic pic

ハリセンボン・近藤春菜

 一昨日3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん。昨日30日の『スッキリ』(日本テレビ系)生放送中にその死を知ったハリセンボン近藤春菜は、『天才!志村どうぶつ園』(同)で共演中ということもあり、たまらずに号泣してしまった。

 だが、31日の『スッキリ』では、春菜は涙を一生懸命こらえながら、笑いを始め多くのことを学んだ“恩師”のことを以下のように語り、話題を集めている。
 
 「一緒にコント番組をやらせていただいた時に、いろいろなタイミングを緻密に計算されたものがあるのが分かりましたが、『私たち若手には好きにやれよって、自由にやれよ』って言ってくださった。 その場でパッてやったことに対してすごく笑ってくださった。志村さんに笑ってもらえるってだけで、私たちがどれだけ自信を持てるか。『私たちもお笑いでやっていいんだよ』という居場所を、ものすごい作ってくださる方だった」

 春菜はハリセンボンとして相方の箕輪はるかとともに、フジテレビ系『志村屋です。』『志村軒』『志村劇場』と、2008年~2013年にかけて、志村さんの冠コント番組で共演。偉大なるコメディアンの姿を間近で見てきたという。若手に対してもフラットに接してくれていたという志村さん。その温かい人柄も、多くの人が今、追悼コメントを出す理由だろう。春菜も、そんな志村さんには「本当に上の方だし、偉い方だし、 もっと偉ぶってもいいのにっていうぐらい。なのに、本当にやさしいし、飲みに連れてってくださって、多くを語るわけじゃないんですけど、いろいろ学ばせてもらった」と振り返った。
 
 そんな志村さんとの交流秘話に、SNS上では「春菜の姿見てるだけでこっちも泣ける、、、」「スッキリで涙こらえながら、コメントしてる春菜ちゃん見て泣けてくる」「春菜のコメント聞いてると、ほんとこの子が聡明で優しく頭の良い子なのだといつも感じる」などと反響が続々。

 また春菜は、「(志村さんは私たちに、湿っぽくならずに)笑顔で見送ってほしいだろうなって思います」と、涙声になりながらも笑顔で振る舞っていた。その気丈な姿がまた視聴者の涙を誘っていたようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ