search
とじる
トップ > レジャー > キャリーオーバー中の振替休日が大チャンス⁉ ロト6の知られざる法則

キャリーオーバー中の振替休日が大チャンス⁉ ロト6の知られざる法則

pic pic

画像はイメージです

 ロト6抽せんは、大晦日と正月三が日を除く毎週月曜日と木曜日、週2回行われている。


 月曜日と木曜日が祝祭日であっても抽せんは行われていることが知られていないのか、3連休最終日となる月曜日のロト6は、キャリーオーバーが発生していても、発売額がそれほど増えることはない。2億円以上のキャリーオーバーが発生している場合、通常の月曜日抽せんであれば16億〜17億円程度の発売額だが、振替休日の月曜日抽せんは発売額が14億円を下回ることもある。キャリーオーバーが発生し、高額当せんのチャンスとなっているのに、一攫千金を狙うライバルが少ないとなれば、指をくわえて見ている手はないはずだ。


 曜日の巡り合わせを確認すると、2019年に10回あった月曜日の祝祭日は、2020年は6回、2021年は5回と減ってしまう。とは言え、年に少なくとも5回は休日の月曜日がある。天皇誕生日の振替休日となり、3連休最終日となる2月24日(月)。この日は2億2004万1336円のキャリーオーバーが発生し、4億円超えの高額当せんが狙えるロト6の日でもある。


 ロト6ファンの間には、「振替休日となった月曜日ロト6の数字は偏っている」という都市伝説がある。秋分の日の振替休日だった2018年9月24日(月)のロト6は「3、8、23、30、32、40」、海の日の振替休日となった2019年8月12日(月)のロト6は「3、4、6、19、23、24」。このふたつの振替休日の月曜日に抽せんが行われたロト6の数字に共通するのは、下ひと桁で一致する2組の数字の組み合わせである。


もうひとつ、残る2つのロト6数字は、麻雀で言うところの受けの基本「スジ」となる1−4−7(1、11、21、31、41・4、14、24、34・7、17、27、37)、2−5−8(2、12、22、32、42・5、15、25、35・8、18、28、38)、3−6−9(3、13、23、33、43・6、16、26、36・9、19、29、39)のいずれかの数字群から出ていることが分かる。

 

 文化の日の振替休日となった同年11月4日(月)の数字は「4、8、13、18、21、23」。下ひと桁3で一致する「13−23」と、下ひと桁8で一致する「8−18」に、1−4−7の数字群「4」と「21」の組み合わせとなっている。


 「不要不急の外出は自粛せよ」と、お上からお達しが出ている2月22〜24日の3連休。下ひと桁で一致する数字の組み合わせ2組と、1−4−7、2−5−8、3−6−9の数字群に、天皇誕生日の振替休日となる24日(月曜日)のロト6高額当せんの夢を託してみたい。


小岩井弥(こいわい・ひろし)


 金融機関、出版社を経て、フリーランスへ。競馬、数字選択式宝くじなど、一攫千金のマネー分野を研究。主な著書に『LOTO6 セット球+枠番消去法W−攻略』、『ロト6 キャリーオーバー4億円の法則』(ともにメタモル出版)、『図解 ロトセグシートでロト6が簡単に当たる本』(笠倉出版)などがある。2019年3月にロト6の2等に当せん。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ