search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(2/12)「第56回報知グランプリカップ(SIII)」(船橋)

ハッシーの地方競馬セレクション(2/12)「第56回報知グランプリカップ(SIII)」(船橋)

pic pic

画像はイメージです

 力を出し切れず・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第64回金盃(SII)」。本命に推したストライクイーグルは、好スタートから好位4,5番手の位置を取ったが、向正面で馬群がギュッと固まってしまい揉まれる形に。直線では手応えほどの伸びが見られず6着。鞍上曰く、揉まれたことで嫌気が差してしまったかもしれないとのこと。近走は結果が出ていないが、なかなか実力を発揮できていないのも事実で、気分良く走らせることさえできれば、結果がついて来るだろう。

 さて、今週は「第56回報知グランプリカップ(SIII)」が船橋競馬場でおこなわれる。
 ここはタービランスを本命に推す。前走の報知オールスターカップ(SIII)は、レース名の通り好メンバーが揃った中、スタートはダッシュがつかず押してポジションを取りに行き、一周目のスタンド前では頭を上げる場面がありながら、最速の上がりを使ってハナ差の2着と力を見せたが、このレースの本馬の見どころは4コーナー。同じ位置から加速していった他馬はスピードが上がるにつれて外へ膨らんだが、本馬はラチ沿いを回ってきており、ロスなく加速できるコーナーリングの良さは最大の武器だろう。ここまで23戦しているが、複勝圏内を外したのは僅かに3回。その3回は中央馬との交流重賞や芝のレースで、地方馬同士なら崩れていない。立ち回りの良さを武器にここも好勝負必至だろう。

 相手本線は南関東の水に慣れてきたマイネルバサラ。中央から移籍して2戦は、相手が強かったことやスタートで出遅れるなど噛み合わないところも見られたが、移籍3戦目となった前走は4角5番手から直線だけで2着に0秒7差もつける圧倒的な強さを見せており、ようやく南関東の水に慣れてきたのだろう。となれば、17年に浦和記念(JpnII)を勝ったことがある実力馬で力はある。ここでも上位争いになるだろう。

▲はベンテンコゾウ。
 以下、オールブラッシュ、ヤマノファイトまで。
◎(10)タービランス
〇(2)マイネルバサラ
▲(11)ベンテンコゾウ
△(7)オールブラッシュ
△(8)ヤマノファイト
買い目
【馬単】4点
(10)→(2)(7)(11)
(2)→(10)
【3連複1頭軸流し】6点
(10)-(2)(7)(8)(11)
【3連単フォーメーション】12点
(10)→(2)(7)(11)→(2)(7)(8)(11)
(2)→(10)→(7)(8)(11)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ