search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月9日)東京新聞杯(GIII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月9日)東京新聞杯(GIII)他1鞍

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・小倉1Rが〇→◎→△₃で決まり、3連複830円。

【今週の予想】
☆京都11R きさらぎ賞(GIII)(芝1800m)
 東京スポーツ杯2歳S(GIII)でコントレイルの2着になったアルジャンナが人気の中心となるだろうが、ここはギベルティを狙ってみたい。デビュー戦は中山マイル戦で有利な2番枠だったこともあるが、まずまずのスタートから2番手に付け3角先頭、直線では内に刺さる若さを見せながらも坂を登ってもうひと伸びを見せた。ゴール前では流す余裕もあり、全力で走り切った印象はない。500㎏を超える大型馬ということもあり、一度使われて上積みはかなりありそうで、いきなりの重賞制覇があっても驚かない。

◎(4)ギベルティ
〇(8)アルジャンナ
▲(7)ストーンリッジ
△(5)グランレイ
△(1)コルテジア
買い目
【馬単】4点
(4)→(5)(7)(8)
(8)→(4)
【3連複2頭軸流し】3点
(4)(8)-(1)(5)(7)
【3連単フォーメーション】12点
(4)→(5)(7)(8)→(1)(5)(7)(8)
(8)→(4)→(1)(5)(7)

☆東京11R 東京新聞杯(GIII)(芝1600m)
 初重賞制覇だ。レッドヴェイロン。前々走は約1年ぶりのレースで+20㎏と、成長分を見ても余裕のある馬体だったにも関わらず、競り合いを制しての勝利と着差以上の強さ見せた。前走は不良馬場ということもあり、馬場適性の差もあったが、内をスムーズに伸びてきた勝ち馬に対し、進路を探しながら馬群を縫って伸びてきた本馬のロスを考えれば、負けて強しの内容であった。そもそも3歳時にはNHKマイルC(GI)でタイム差なしの3着に入っているように、力は十分重賞を勝てるだけのものがある。追い切りでは自己ベストで坂路を上がってきており、状態の良さは間違いない。東京は4戦して2勝2着1回3着1回と複勝圏内を外しておらず、ここも勝ち負けは必至だろう。負かすとすればヴァンドギャルド。昨年の春までは重賞戦線を歩んでいたこともあるが、素質だけで走っていたこともあり結果が出ていなかった。夏に無理をせず成長を促したため、ひと夏を越してグンと馬が良くなってきた。その甲斐あって、休み明けからここまで3連勝と充実期に入ったと見ていいだろう。▲はクリノガウディー。以下、プリモシーン、サトノアーサー、ケイアイノーテックまで。

◎(9)レッドヴェイロン
〇(2)ヴァンドギャルド
▲(13)クリノガウディー
△(1)プリモシーン
△(5)サトノアーサー
△(15)ケイアイノーテック
買い目
【馬単】5点
(9)→(1)(2)(5)(13)
(2)→(9)
【3連複1頭軸流し】10点
(9)-(1)(2)(5)(13)(15)
【3連単フォーメーション】16点
(9)→(1)(2)(13)→(1)(2)(5)(13)(15)
(2)→(9)→(1)(5)(13)(15)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ