search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(1月12日)シンザン記念(GIII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(1月12日)シンザン記念(GIII)他1鞍

【今週の予想】
☆京都9R 天ケ瀬特別(ダート1400m)        
 バレーロを狙う。前走は大きく出遅れて道中脚を使ってしまったため、流石に直線では脚が上がってしまい9着に敗れたが、3着馬とは0秒7差ほど。現クラスで2着があるように、噛み合えば十分勝ち負けできる力はある。前走後は短期放牧に出され、帰厩後は精力的に乗り込んでおり、鞍上にはC・ルメール騎手を配していることからも勝負気配が漂っている。ここは一発狙ってみる。
◎バレーロ
○ヒルノサルバドール
▲マイネルオスカル
△₁タガノプレトリア
△₂サトノゲイル
△₃アスターソード
買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都11R シンザン記念(GIII)(芝1600m)
 過去の勝ち馬にはジェンティルドンナやミッキーアイル、アーモンドアイなどGI馬が出ている出世レース。今年も将来性豊かな馬たちが揃い、注目度の高い一戦だ。本命にはルーツドールを推す。まだ1戦1勝馬だが、その勝ちっぷりに目を引いた。好スタートから先行すると道中はがっちりと折り合いが付き、残り350mあたりからゴーサインが出されるとスッと反応してあっという間に後続を引き離して1着。それも残り100mあたりから流して2着に0秒8差を付ける圧勝劇。レースセンスが良く、兄・姉には、菊花賞(GI)、天皇賞(春)(GI)を勝ったフィエールマンや、芝で3勝を挙げたルヴォワールなどがおり、血統的にも出世する裏付けがある。追い切りでも迫力満点な動きをしており、あっさりがあってもおかしくない。相手本線はタガノビューティー。デビューからダートで2連勝を飾ったが、その内容が凄まじい。特に前々走が圧巻。最後方から直線まさに直線一気の競馬で全馬を差し切って1着。それもゴール手前で流して2着に0秒4差を付けた。何より上がりが凄い。自身は34秒8と芝並みの脚を使っており、次位よりも1秒2も速い。初芝となった前走はいきなりのGⅠで、そこでメンバー中2位の上がりを使って4着に追い込んでおり、芝でも活躍できる力を見せた。良馬場でも十分勝負になると思うが、今回は日曜が雨予報であり、少しでも馬場が悪くなるようであれば本馬が突き抜ける可能性あり。▲はサンクテュエール。以下、カバジェーロ、ヒシタイザン、オーマイダーリンまで。
◎(9)ルーツドール
○(4)タガノビューティー
▲(1)サンクテュエール
△(8)カバジェーロ
△(10)ヒシタイザン
△(5)オーマイダーリン
買い目
【馬単】4点
(9)→(1)(4)(8)
(4)→(9)
【3連複2頭軸流し】4点
(4)(9)-(1)(5)(8)(10)
【3連単フォーメーション】12点
(9)→(1)(4)→(1)(4)(5)(8)(10)
(4)→(9)→(1)(5)(8)(10)
※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ