search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「全日本国民的美少女コンテスト」の歴代出身者が応募の呼びかけ

「全日本国民的美少女コンテスト」の歴代出身者が応募の呼びかけ

 オスカープロモーション「第15回全日本国民的美少女コンテスト」概要説明記者会見が2日、都内で行われ、歴代出身者の武井咲、剛力彩芽、河北麻友子、吉本実憂、高橋ひかるが登場した。

 第1回大会より30年を迎える節目となる「全日本国民的美少女コンテスト」は今回で15回目の開催となる。

 1987年日本女性の「美」を再認識するために後藤久美子をイメージキャラクターとして第1回「全日本国民的美少女コンテスト」を開催した。以来2014年の第14回大会まで平均応募数10万通を越える日本最大のコンテストに成長し、過去には米倉涼子、上戸彩らも選出されている。

 会見に出席した武井は当時を振り返り「履歴書の写真をいかに綺麗に撮るか、すごく綺麗なお家の玄関を借りていかにも自分の家のように撮って送りました。それで受かったのかな」と笑顔で話した。当時の思い出を問われると「本選当日は初めてメイクしたり、用意された衣装を着たりして、いつもの自分ではなく綺麗にしてもらったことが嬉しかったです」とニッコリ。

 最後に武井は「30年続く長い歴史のあるコンテストです。たくさんの方の応募をお待ちしてます」とPR。

 本選大会は今年8月8日にグランドプリンスホテル新高輪で開催、グランプリには賞金300万円、映画出演、テレビドラマ出演、歌手デビュー、同事務所所属の特典が与えられる。また今回は同社製作の30周年記念映画主演という特典も用意されている。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ