search
とじる
トップ > アイドル > エビ中、愛宕神社に“焼きとり”奉納! 新宿駅前でも“焼きとり”応援ライブを開催

エビ中、愛宕神社に“焼きとり”奉納! 新宿駅前でも“焼きとり”応援ライブを開催

 私立恵比寿中学(エビ中)が18日、港区にある愛宕神社に“こだわりの焼きとり”を奉納した。スペシャルサポーターを務めるサークルKサンクスの「焼きとり応援プロモーション企画」の一環として行ったもので、都内屈指のパワースポットである同神社でメンバー全員がお祓いを受けた後、宮司がメンバーに代わって神前に商品である“こだわりの焼きとり”を奉納。奉納後は新宿ステーションスクエアに移動し、元気一杯に「都会の真ん中で焼きとり応援ライブ」を開催。「ちちんぷい」「MISSION SURVIVOR」を披露して集った大勢のファンを喜ばせた。

 サークルKサンクスは「こだわりの焼きとりセール」と題して、木桶仕込天然本醸造醤油を100パーセント使用したジャンボ焼きとりのもも(タレ)、つくね(軟骨入り)、とりかわ(タレ)、ハラミなど「こだわりの焼きとり」を6月28日から7月4日まで全品20円引きで販売する。

 エビ中メンバーは本セールのCMにも出演しているが、奉納後に報道陣の取材を受けると、中山莉子が「(撮影中)焼き鳥をたくさん食べました! わたしはぼんじりが特においしかったです!」と撮影を振り返り、小林歌穂も「ももをたくさん食べました。本当においしくて止まらない感じでした」と嬉しそうに焼きとり好きをアピールした。

 また、サークルKの応援サポータを務めて今年で4年目。星名美怜は「毎回衣装が可愛くてすごく楽しみ。焼きとりだけでなく、いろんなデザートやおにぎりに携われて本当に幸せ」としみじみコメントすると、真山りかはエビ中が結成8年目を向かえることに言及。「末広がりのいい数字なのでこれからも変わらずにゆっくり成長できたら。暮れの紅白に出れるようにも頑張ります」とグループの目標を掲げた。

 また、明日の父の日のプレゼントも話題となったが、廣田あいかはすでに渡したと明かし、「ビールを入れると綺麗に泡が立つグラスがあって、10日早く渡したらすごく喜んでくれて、優しくなりました。明日は焼きとりでもあげようかなって思っています」と笑顔を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)
 

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ