search
とじる
トップ > アイドル > アイドル中も“新喜劇”のクセが出る? 吉本坂46新曲は良い意味でイメージ崩壊! 若手メンバー「RED」のクールなダンスも必見

アイドル中も“新喜劇”のクセが出る? 吉本坂46新曲は良い意味でイメージ崩壊! 若手メンバー「RED」のクールなダンスも必見

pic pic

榊原徹士、新喜劇・小寺真理、レインボー・池田直人、光永

 12月25日(水)、吉本芸人で結成されたアイドルグループ吉本坂46の3rdシングル『不能ではいられない』が発売された。

 表題曲は、2ndシングルで斎藤司(トレンディエンジェル)、小川暖奈(スパイク)らを擁する選抜メンバー(現CIRCUS)とのジャケット売り上げ対決を制した若手中心ユニット「RED」が担当することも発表された。

 今回リリースを記念して、REDの中心メンバーである池田直人(レインボー)、小寺真理(新喜劇)、榊原徹士、光永の4人に話を聞いた。

ーークリスマスに3rdシングルが発売されました。それぞれ心境をお聞かせください。

池田「(吉本坂46結成時)僕らは選抜に入れなかった悔しさがあったので、表題曲やジャケットになれる喜びがめちゃめちゃありますね。ジャケットで旗を持っているんですけど、ここからそんな風に(メンバーやグループを)引っ張っていけるのか、正直少し不安もあります」

光永「今までREDでやってきたプロモーションよりも(稼働する)数が増えているので『自分たちが表題曲になるんだな』って改めて思いますし、(これまでは)小川と斎藤さんが頑張ってくれていたんだなって分かりました。私たちも皆さんを引っ張っていけるように、ブレイクに持っていけるように、頑張っていきたいなって思います」

小寺「今2期生のオーディションをやっているんですけど、2期生が入っても大丈夫なように『うまいこと耕せているのかな?』って不安になる部分もあったりします。2期生が入ることでメンバーの入れ替えがあるかもしれないので、このメンバーでやるのも最後かもしれへんし、私たちでオリコン1位獲れたら最高だなって思います」

榊原「ウィークリー(週間ランキング)は獲りたいですよね。まだREDは若手ということもあるので、委縮せずに大暴れしまくりたいです」

池田「めちゃめちゃええこと言うてる(笑)。それを言いたかった!」

ーーコント師でもある池田さんですが、吉本坂の活動について周囲の芸人さんの反応はいかがですか?

池田「劇場にいたら、2期生のオーディションが始まっているからか、2期生を受けている子から尊敬の目で見られます。『いやすごいっすね〜MV観ました!』みたいな(笑)。僕自身は何も変わらないんですけど、同じものを目指す中で、そうやって見てもらえるのはありがたいです。(2期生に)抜かされないように、いつまでも尊敬してもらえるように全力で走り続けるしかないですね」

ーー光永さんは昔、器械体操されていて、今回のMVでも高いジャンプを見せたり、過去にはバク転も披露されています。ダンスや演出面で参考にしていることはございますか?

光永「メンバーにプロダンサーの方がいてるので、踊りながらカッコ良く見せる魅せ方をA-NONとかに聞いて教えてもらっています。普通のダンサーで言うたらA-NON(ダンスの世界大会で優勝)に教えてもらえるなんて早々に出来ることではないんですけど、同じメンバーなので職権乱用しています(笑)。皆さんすごく褒めてくれるので、ノビノビ出来て少しうまくなった気がします」

ーー小寺さんは、新喜劇との両立について、葛藤などはございますか?

小寺「吉本坂はアイドルを演じるお芝居だと思ってやっているんですけど、どこかで芸人が出ちゃうというか……。笑いを獲りに行こうとしてしまいます。『そこはゼロでいいよ』って言われることもあるんですけど、塩梅がつかめてないですね。タナカシングルくん(8.6秒バズーカー)から『笑いは僕らが獲るんで、真理さんはスンとすましておいてくれたらいいんですよ』って言われたりするんですけど、なんせ新喜劇にいるので、ついつい余計なことを言ってしまうんですよ(笑)」

ーー榊原さんは俳優をしながら吉本坂に加入されました。この1年で心境の変化はありましたか?

榊原「もともとアイドルをやっていたんですけど(新選組リアン)、その時はよく分かっていなかったし、カッコ良く見てもらいたいって欲が強かったんですけど、吉本坂はめちゃくちゃ素でいられるんですよ。理由としては、気を遣う人たちじゃないからです(笑)。ダメでも受け入れてくれるし、良かったら褒めてくれるメンバーがいるので、飾ることがないんですよね」

ーー皆さんはメンバーの誰と仲良いんですか?

池田「最近、REDで一緒のしゅんしゅんクリニックPさんと劇場で会うと、『お! こっちでも会うようになったか』って言われて、『逆逆!』っていう現象はあります。話題としては、SNS50%、吉本坂50%ですね。まったく芸人の話をしてないです(笑)」

光永「私はみんなと分け隔てなく仲良い方ですけど、きょん(ラフレクラン)とは、劇場でも吉本坂でも会うし、ラジオもやっていて毎週会うし、いつのまにか何でも喋れる仲になれたなって思います。あとは、スパイクの小川とすごく仲よくて、お互いのユニットの情報交換をしたり、どうしたらグループが良くなるのか真面目な話もします」

小寺「てっちゃん(榊原)が唯一の同期で何も気を遣わないです。ひなちゃん(光永)とご飯行くってなったら先輩なのでおごってくれるし、池田くんはウチが払わなアカンしみたいな(笑)。てっちゃんだったら一円単位で割り勘できるので(笑)。ほんまにムカつくことがあったら聞いてくれるし、買い物にも付き合ってくれる時もあります」

榊原「これまで絡むことがなかったんですけど、芸人さんとお酒を飲むことが増えました。みんな良い人です。素で面白い人ってすごいなって思いますね……楽しいです」

ーー最後に、もうすぐ2期生が加入します。メンバーとしてのお気持ちを聞かせてください。

池田「めちゃめちゃ楽しみです。同期が混ざっていたり、刺激になりそうな人がいたり、いち吉本坂ファンとしては『今後どうなっていくんやろ?』って。でも、マジでなんも知らんし、それこそREDがずっとあるのかも分からんし……僕らも一緒に楽しませてもらっている感じです」

ーーファンの方と一緒の目線で驚きがあるんですね!

池田「本当そうなんですよ(笑)! 大の大人が考えてくれて『これがいい』ってやってくれたことなんで、僕らは全力でパフォーマンスするだけです」

光永「2期生募集が始まる時は、正直『もういいよ〜。このメンバー最高だから、なんで増やすの!』って思っていたんですけど、オーディションで、皆さんの真っ直ぐで頑張っているところを見て、ワクワクしてきました。しっかり大きな心で受け止めて、一緒に活動していく日を楽しみにしておこうと思いました」

小寺「私はナダルに入ってほしかったんですけど(笑)、落ちたんですよね。私が1期生でオーディションに参加した時に、ナダルは落ちているのに毎日私に投票してくれて、その恩返しがしたかったんです。でも、動画オーディションの時に、始まって3日目まで動画を投稿しなかったんですよ。やる気ないやんと思って(笑)」

榊原「2期生でREDのようなグループができたとしたら、勢いはハンパないと思うんですよ。僕は勝手に1期生VS2期生とかあるんじゃないかなって思っていますし、『そっちの方が面白くない?』って考えています!」

(取材・文:浜瀬将樹)

吉本坂46サードシングル『不能ではいられない』
【通常盤A】価格:¥1,182+税
【通常盤B(期間生産限定盤)】価格:¥545+税
【映像盤(CD+DVD)】価格:¥1,727+税

『不能ではいられない』
https://www.youtube.com/watch?v=CTaDSi-VdYQ

『STRAY SHEEP』
https://www.youtube.com/watch?v=Zf7Z3DAxQyU

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ