search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(9/18)セントライト記念、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(9/18)セントライト記念、他

4回中山競馬4日目(9月18日・日曜日)予想・橋本 千春

☆中山11R「セントライト記念」(芝2200メートル)
◎10ゼーヴィント
○4ディーマジェスティ
▲9プロディガルサン
△1メートルダール、5マウントロブソン
 GI馬は「八分のデキでも勝てる」は、「勝ってほしい」の裏返し。その結果、勝てば「さすがはGI馬」と称賛され、負ければ「八分のデキで勝てるほど競馬は甘くはない」と、反省させられる。人気馬はつらいよ。余談はさておき、結論はゼーヴィント◎。春のクラシックは縁がなかったが、ラジオNIKKEI賞で初重賞制覇を達成した新星。今夏の最大の上がり馬だ。2連勝で「山藤賞」を快勝した直後、初コンビの戸崎騎手は「素質を感じた」と、ぞっこん惚れ込んでいる。ラジオNIKKEI賞は真骨頂。近5戦でメンバー最速の上がりを4回記録している、持続力のある末脚も大きな魅力。中山コースは2戦2勝だし、金星奪取も夢ではなくなった。

☆中山10R「レインボーS」(芝2000メートル)
◎5カルヴァリオ
○13ハッピーモーメント
▲11マローブルー
△6ケイアイチョウサン、8ワールドレーヴ
 特別2連勝中と、飛ぶ鳥を落とす勢いのカルヴァリオ。父のマツリダゴッホは、歴史に残る中山巧者だった。初コースも父のDNAで克服する。それに、力の要る函館の洋芝で2連勝しているようにスピードとスタミナが備わっている。となれば、直線の坂を力強く駆け上がり3連勝達成だ。

☆中山9R「浦安特別」(ダ1200メートル)
◎2ヨンカー
○5カネータ
▲15ヨシオ
△11カネノイロ、14ブルーミーフラワー
 <2201>と、連対率8割を誇る外国産馬のヨンカー。唯一の9着はオープン特別の端午S。着差も0秒8だから決して悲観する内容ではない。もちろん、自己条件ならチャンスは十分ある。休み明けの鶴ヶ城特別を小差2着(0秒2)と好走し、メドは立っている。

☆阪神11R「ローズステークス」(芝1800メートル)
◎12デンコウアンジュ
○7シンハライト
▲6ジュエラー
△4アットザシーサイド、5レッドアヴァンセ
 休養馬(秋初戦8頭)の中で、ケイコ量の多さがひと際目を引くのはデンコウアンジュ。ハードなケイコを積めるのは体質が強化された証しで、春とは別馬の如く変身した力強い走りが期待できる。オークスは直線で不利があっての0秒4差9着だから、上位馬との力差は紙一重。ひと夏越しての成長力と、プラスアルファを考えれば桜花賞馬、オークス馬をまとめて負かすシーンは十分ある。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ