search
とじる
トップ > その他 > 競輪人国記 徳島(3)

競輪人国記 徳島(3)

 新田計三(19期)は特別競輪を獲る大物の追い込み選手として期待された一人だった。昭和49年の高松宮杯では国持一洋(静岡)と直線でデッドヒート、荒木実(京都)の「びわこ道」を通った追い込みに敗れ、惜しくも3着となっている。

 さらに50、51年と連続して特別競輪に優参。51年の競輪祭では阿部良二(岩手)―岩崎誠一(青森)の3着だった。このころ3連単があったならファンの期待に十分こたえたであろう。
 戦法が先行まくりだった中田彦(29期)は粘りのあるレースで特別戦線でも活躍した。昭和56年の高松宮杯では優参して久保千代志(当時・愛知)―井上茂徳(佐賀)の3着に入っている。

 変わり種はノンプロ野球の大倉工業で捕手として活躍した後、競輪に転向した富原忠夫(43期)だ。競輪選手になる以前から所帯持ちだったが、奥さんの協力があって競輪学校に入った。
 怪物・滝沢正光(千葉)以上の巨躯の持ち主で競輪学校では、普通3.33のギアしか使わせないが、「これでは空回りして練習にならない。そこで特別仕立ての3.64ギアで練習させた」(当時の教官)という怪力の逸話が残っている。デビューしてからは先行一本。主導権を獲ると馬力に任せての逃げ切りもあり、穴ファンを喜ばせた。
 途中からは選手会支部長に推され手腕を発揮した。全国50場で下から2番目の売り上げだった小松島競輪場に「ふるさとダービー」開催の呼び込みに貢献した。現在も本部役員として選手育成に活躍している。

関連記事


その他→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

その他→

もっと見る→

注目タグ