search
とじる
トップ > 社会 > スピード違反の証拠を偽造した58歳元警察官に判決 執行猶予付きに「甘すぎる」の声も

スピード違反の証拠を偽造した58歳元警察官に判決 執行猶予付きに「甘すぎる」の声も

pic pic

画像はイメージです

 昨年5月、スピード違反の取り締まりで速度データを捏造しドライバーに違反切符を交付したことが発覚し、証拠偽造などの罪に問われていた58歳元警察官の裁判が、札幌地方裁判所で開かれた。

 この事件は北海道警交通機動隊の警部補だった58歳の男が、2019年~2020年にかけ、スピードを計測するレーザーを電柱などに照射してデータを捏造し、それを証拠として違反切符を交付していたのだ。

 裁判では、検察側が「客観的証拠の偽造は公文書と警察の信頼を裏切る行為」として、懲役2年6か月を求刑。一方、弁護側は「重大性の認識が薄かった」「本人に直接注意しなかった」として、執行猶予付きの判決を求めた。

 13日の判決で、札幌地裁の裁判長は「虚偽の違反切符が交付されたことで9人のドライバーが反則金を納付させられ、1人が刑事事件となり罰金刑を課された」「犯行は捜査機関に対する信頼を大きく損なうもの」「警察官の職務の重要性に対する意識があまりに低い」などと断罪。しかし、「社会的制裁は受けている」として、弁護側の主張を受け入れ、懲役2年6か月、執行猶予5年の判決を言い渡した。

 >>24歳男、無免許運転のうえ右折レーンで居眠りし警察から逃走 取り逃がした警察にも批判<<

 この判決に、「警察に甘すぎる。なぜ実刑判決にしないのか理解に苦しむ」「こんな判決では警察の信頼回復にはならないし、司法にも疑問符を付けたくなる」「懲戒免職が社会的制裁になるのか。一般人なら、詐欺は詐欺と裁かれるのではないか」と判決に憤りの声が相次いだ。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ