search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 不倫を認めた郷ひろみ、離婚の真相はW不倫だった? 離婚後も妻からの猛攻撃【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

不倫を認めた郷ひろみ、離婚の真相はW不倫だった? 離婚後も妻からの猛攻撃【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

pic pic

郷ひろみ

 年末恒例となる第71回『NHK紅白歌合戦』の出場歌手42組が16日に発表された。紅組に櫻坂46、JUJU、東京事変、NiziU、BABYMETAL、milet、白組に瑛人、SixTONES、Snow Man、特別企画としてGReeeeNの初出場が内定。そうそうたる顔ぶれの中、昨年の白組トップバッターとして番組を盛り上げた郷ひろみは33回目の出場を果たす。

 ​>>メディアが報じないいわくつき不貞愛? 上原多香子、衝撃の不倫報道後に結婚し現在は意外な職業に【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】<<​​​

 郷というと、15歳の時にジャニーズ事務所社長の故・ジャニー喜多川さんの目に留まりスカウトされた。デビュー後は女性を中心に絶大な人気を博し、ファンによる親衛隊も誕生。故・西城秀樹さん、野口五郎と共に“新御三家”と呼ばれ、一時代を築き上げた。1975年に事務所を移籍し、84年発売の「2億4千万の瞳」、94年の「言えないよ」は爆発的なヒットとなり、今なお名曲として語り継がれている。

 私生活では1987年に元女優で実業家の二谷友里恵氏と結婚。当時、フジテレビが中継した結婚披露宴は、視聴率47.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2女をもうけるも98年4月、離婚に至った。

 かつては「理想の夫婦」ともてはやされていた元夫婦だが、離婚の原因は互いの著書で明らかにしている。同月、著書『ダディ』(幻冬舎)を発売した郷は、会見ではなく同著で離婚を発表。まだ幼かった娘たちについても触れ、「まだ小学生で夫婦のことを理解してもらえない子供たちに、後々によく読んでもらいたい」という願いから出版に踏み切ったという。

 著書によると、「原因はすべてぼくにあった」とし、離婚の原因は「女性関係だった」と自ら告白。そして、「結婚しているぼくが、してはいけない行為を犯した。友里恵以外の数人の女性と、肉体的な関係をもった」と不貞を赤裸々にさらけ出し、同著は10万部を超えるベストセラーとなった。

 「同著の発売当初、元夫婦の共著であると報道されるも二谷氏はこれを否定。さらに、同著で明かされた二谷氏の恐妻ぶりや2000年8月に再婚した現夫・平田修氏との関係なども記されていたことからマスコミや世間は二谷氏を非難し、“離婚の原因は実は妻の不倫にあった”という類の記事が出回ったのです。これに郷は、『まさか2人(現・平田夫妻)に、男女の関係があるとは思ってはいなかった』と嘆き、二谷氏に不倫の疑惑がかけられたのです」(芸能関係者)

 一方の郷も2000年11月に米・ニューヨーク在住の投資家令嬢と逆玉再婚。すると01年5月、二谷氏は離婚のさらなる真相を語った告白本『楯』(文藝春秋)を出版したのだ。

 『楯』では、『ダディ』の一部である「友里恵以外の数人の女性と肉体的な関係をもった」という記述を抜粋し、「『数』と『人』の二文字の間に“十”も“百”も入っていない」と嫌味を交えて反論。この文面から、郷の裏切り行為は数人程度の規模ではないことがうかがえる。だが、郷は『楯』に対し、娘を守りたいという一心から、無言を貫いたという。

 「結局、郷は2005年4月にまたもや離婚し、12年3月に24歳年下の元タレント女性と再々婚を発表。ところが13年2月、『週刊文春』(文藝春秋)が郷の不倫疑惑を報じ、相手女性側からネタを入手したのです。あげく、郷の老いた下半身事情まで暴かれる羽目に」(芸能ライター)

 そんなアグレッシブな郷も2014年6月、58歳にして双子の長男・次男の父となった。二谷氏との結婚生活があったからこそ、郷はさらなるステージに上がれたのかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ