search
とじる
トップ > スポーツ > コロナ禍のロッテ、逆転Vのキーマンはルーキー?「カネの力では決まらない」年俸ワーストからの下克上は実現するか

コロナ禍のロッテ、逆転Vのキーマンはルーキー?「カネの力では決まらない」年俸ワーストからの下克上は実現するか

pic pic

画像はイメージです

 “決戦は金曜日”となるはずだった…。千葉ロッテが一軍の7選手を含む11人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した(10月6日)。井口資仁監督は感染した7選手と「濃厚接触者に特定された4選手」の登録を抹消し、ファームから11選手を緊急招集して、同日のオリックス戦に臨んだ。

 >>ロッテ激震!鳥谷敬ら主力やスタッフから新たに11名が新型コロナ陽性判明、4名が濃厚接触者と特定<<

 試合結果は言うまでもないだろう。首位・福岡ソフトバンクを僅差で追い掛けていた千葉ロッテにとって、大きな痛手である。

 「オリックス3連戦の次は、ソフトバンクとの首位決戦でした。初戦となる9日の金曜日が注目されていました。ここで勝ち越して、逆転優勝という青写真も描かれていたんですが」(プロ野球解説者)

 NPBも重く受け止めていた。感染による緊急の選手入れ換えの特例措置の第一号は、阪神だ(9月25日)。筆者の心象ではあるが、その時よりも慌ただしく見えたのは、「感染」がペナントレースの優勝争いに影響を与えてしまったからだろう。

 「清田、角中、菅野、藤岡などのレギュラークラスが抜けてしまいました。岩下、東妻、小野の投手もいなくなり、総動員となるでしょう」(スポーツ紙記者)

 実は、千葉ロッテの逆転優勝を秘かに応援していた関係者も多かった。その理由は「カネ」だ。日本プロ野球選手会が発表した年俸調査によれば、球団別平均年俸額(外国人除く)のランキングで、千葉ロッテは3035万円。12球団のワーストだ。それに対し、トップは7131万円のソフトバンク。澤村拓一を緊急補強する前の数値だが、もし、千葉ロッテが逆転すれば、「野球はカネの力では決まらない」のドラマが見られたのだ。

 もっとも、今回の悲劇がチームの結束を高める契機となる可能性も残されているが、「ロッテの弱点は、選手層。井口監督はレギュラーと控えの力の差をなくそうと補強を続けたものの、一軍と二軍ではレベルが違う」(前出・プロ野球解説者)

 と、厳しい意見も聞かれた。

 首位決戦は劣勢で戦うことになるが、キーマンとなるのは、ルーキーの高部瑛斗外野手だろう。

 緊急事態となった6日、「1番左翼」でいきなりスタメンに抜てきされたように、ファームでは打率3割6分8厘と大活躍だった。結果は3三振だったが、井口監督は明日以降の試合でも「使っていく」と明言。ほかにいないと言えばそれまでだが、高部が爆発すれば、ソフトバンクに一矢を報いることも可能だ。高部の推定年俸は1000万円。ソフトバンクの平均年俸の7分の1以下の新人に、「カネの力では勝てない」の夢を見せてもらいたいものだ。(スポーツライター・飯山満)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ