search
とじる
トップ > 芸能ネタ > インスタナンパから複数と不倫…瀬戸大也と同じ状況でも、原田龍二の仕事は安泰?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

インスタナンパから複数と不倫…瀬戸大也と同じ状況でも、原田龍二の仕事は安泰?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

pic pic

原田龍二

 不倫騒動で渦中にある競泳の瀬戸大也選手。9月30日には所属先のANAから契約解除&同日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、新たに肉体関係を持っていた女性から告発され、“掛け持ち不倫”が発覚した。

 >>「指導や相談を受けていた…」池谷直樹が劇団員との連泊“ラブホ不倫”?語り継がれる苦しい言い訳とは【芸能界“ドロ沼不倫”ファイル】<<

 “格安ラブホ”不倫に続き、今度は昨年9月に瀬戸選手と性行為に至った地方在住の20代女性が暴露。昨年5月に瀬戸選手からインスタグラムのDMが届いたことから交流が始まったとされる。対面するといきなりホテルで関係を持ち、その際に女性の前で妻に電話をかけるなど、卑劣極まりない“ゲスぶり”がぶちまけられた。

 次々と不倫相手が名乗り出てくる状況は、昨年5月に謝罪会見した俳優・原田龍二の“4WD不倫”をほうふつとさせる。だが、原田は大失態を犯しながらも現在、仕事を切らすことがない、ごくまれな例ではないだろうか。

 原田というと、1990年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞したのち、92年にドラマ『キライじゃないぜ』(TBS系)で俳優デビュー。その後はドラマ、映画、CMなどで幅広く活躍している。また、バラエティや旅番組への出演も多く、自ら「温泉俳優」と称して日本各地の温泉を巡り入浴するシーンが急増し、「裸キャラ」が定着しつつあった。

 私生活では、2001年に元女優と結婚。02年に長男、06年に長女が誕生し、2児の父親となった。にもかかわらず、昨年5月発売の『週刊文春』(文芸春秋)に報じられた、ファンの女性2人との“車中不倫”は記憶に新しいところ。
 「報道の翌日に原田は謝罪会見を行い、記事の内容を全面的に認めました。原田のネットでのナンパ手口も瀬戸選手と同様、インスタのDMを送り付けて、対面にこぎつけるものでした。さらに、体だけを目的とした手際のよさや女性への“雑”な対応、騒動に便乗して新たな証言を女性側に告発されたパターンはうり二つです」(芸能ライター)

 当時、原田は会見時間に制限を設けず、記者からの質問に真摯に対応し、洗いざらい応じた。しかしながら、イメージダウンは避けられず、同年9月の舞台『サザエさん』でのマスオ役を降板するなど、それなりの代償は被った。

 だが、ありがたいことに原田は当時からレギュラー出演している『5時に夢中!』(テレビ東京系)、ラジオ『原田龍二DAYS』(ニッポン放送)に関しては降板を免れ、今なお活躍。その後もドラマやバラエティ、舞台へのオファーが舞い込み、仕事は切れることがない。不倫騒動は“笑い話”のような扱いに様変わりしたといえる。
 「不倫自体はアウトでしたが、原田は関係各所への謝罪回りなどが功を奏したのでしょう。その点、瀬戸選手は謝罪文を公表したものの、被害者である妻までもが謝罪文を出し、かえって世間の反感を買う形になってしまったようです。ネット上では、『スポーツ選手は結果がすべて』といった意見も聞こえてきますが、今回の場合はそうもいかないようです」(前出・同)

 日の丸を背負う瀬戸選手だが、一部報道によると五輪出場権がはく奪される可能性もあるという。それに比べ、原田は幸運に恵まれたようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ