search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 熊切あさ美、アイドル時代のギャラを告白「めっちゃもろてるやん!」元人気バンドボーカルが驚き

熊切あさ美、アイドル時代のギャラを告白「めっちゃもろてるやん!」元人気バンドボーカルが驚き

pic pic

熊切あさ美

 タレントの熊切あさ美が、3日深夜に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演。彼女がアイドル時代に在籍していたチェキッ娘時代のギャラを明かす一幕があった。

 ​>>ヤバ気な行動が取りざたされる熊切あさ美「テレビ出演は慰謝料みたいなもの」の名言<<​​​

 この日のゲストは、元ロードオブメジャーのボーカル・けんいち。ロードオブメジャーは、ダウンタウン・浜田雅功がMCをしていたオーディション番組『ハマラジャ』(テレビ東京系、2002年放送)で結成されたロックバンドで、全国から寄せ集められていたメンバーがライブで全国を回り、メジャーデビューをめざすというもの。インディーズで発売したシングルが、オリコン初登場50位以内に入ればメジャーデビューが決定するが、以下であれば即解散となる。ライブを50か所回り、彼らが出したファーストシングル『大切なもの』は、結果的にオリコン初登場16位に。19週連続トップ10にランクインし、90万枚の大ヒットとなった。

 当時のギャラについて、けんいちは「(『ハマラジャ』出演時は)1日500円でした」と回顧。食事も提供されることがなかったものの、当時21歳と若いこともあってか、「安い牛丼屋さんとかありますし」と、苦労したという様子を見せず振り返った。そこでもっとも反応したのが熊切。「チェキッ娘の時より安い!」と言い、ギャラについて「(当時高校生で)5,000円でした」と明かした。彼女の告白に、けんいちも「めっちゃもろてるやん!」と驚いた。

 「チェキッ娘は、まだAKB48が誕生する前の1998年に結成されたアイドルです。当時はモーニング娘。が台頭していた時代で、“平成のおニャン子クラブ”を作るとの名目で結成されました(提供はセガのドリームキャスト)。秋元康事務所が協力していますが、おニャン子のようにプロデュースしているわけではありません。シングルも売り上げが伸びず、約1年で解散しました」(芸能ライター)

 そんな背景もあってか、ネットでは「チェキッ娘は一応、秋元康+フジテレビ+SEGAだからね…カネだけはあったでしょう」「チェキッ娘、1日5000円…」と驚く声があった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ