search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 【有名人マジギレ事件簿】「クソしょうもない曲」バカリズムがミュージシャンに激怒!

【有名人マジギレ事件簿】「クソしょうもない曲」バカリズムがミュージシャンに激怒!

pic pic

バカリズム

 8月4日深夜に放送されたバラエティ番組『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に、バカリズムがゲスト出演した。番組でバカリズムは、MCのオードリーらと尖っていた若手時代を回顧。当時を知る若林正恭によると、バカリズムはスタッフに対しても厳しかったという。

 ​>>【有名人マジギレ事件簿】「M-1も出れへん奴が!」麒麟・川島が千鳥・大悟に激怒!<<​​​

 過去、バカリズムの参加したお笑いライブにて、ネタ終了時の暗転タイミングが早かったことがあったそう。すると彼は、最後のトークコーナーにて、「もうちょっと後だって言いましたよね!?」と、客前にもかかわらず照明スタッフに注意を始めたという。その理由について、バカリズムは「オチがそのせいでちょっとフワッとなっちゃったんですよね。それが誰のせいなのかちゃんとしときたかった。お客さんも僕のネタがそのタイミングだと思っちゃうから」と説明した。

 そんなバカリズムは過去、あるミュージシャンへの怒りをラジオでぶちまけたこともある。
 ある日、彼がラジオ局の喫煙所でタバコを吸っていると、突然面識のない音楽関係者から「よかったら聴いてください」とCDを渡されたそう。バカリズムが驚いていると、当のミュージシャンは奥でタバコをふかしながら、「ティーッス!」とふざけた挨拶をしてきたという。

 この時のことについて、バカリズムは「会ったこともねぇ! 誰なのかも知らねぇ! 聴いたこともねぇ! ド後輩ミュージシャンです。マネージャなのか何なのかわからない関係者がゴソゴソっと出して、商品化されてもないサンプル版と謎のチラシをガサッと出し、『よかったら…』って、よくねぇよ、こっちは別に!」と激怒。業界ではサンプルではなく、製品版を本人が手渡しするのが通例で、ましてや本人の挨拶もなくCDを渡されたことに唖然としたという。

 さらに、「まだ本人がいなければ100歩譲って。でも本人がいる! でパッと(ミュージシャンを)見たら、タバコを置きもせず、でっかい声で『ティーース!』とだけ言い…。あり得ない! 無礼ですよね。結局あいつが何なのかわかんないし。クソしょうもない曲! セカンドアルバムらしいです。何を1枚目で味をしめて、2枚目を出す気になってんだコノヤロウ! ムカついてムカついて!」と、ラジオ生放送中に怒りを爆発させていた。

 学生時代は野球部で、バリバリの体育会系だったというバカリズム。筋の通らないことは絶対に許せないタイプのようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ