search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション【7/19福島・7/19阪神】

ハッシーの中央競馬新馬セレクション【7/19福島・7/19阪神】

【今週デビューの注目馬】

☆アレッタレジーナ
 2020年7月19日(日)福島第5R芝1800m(牝)に出走予定のアレッタレジーナ。馬名の由来は「翼のある女王(伊)。母名より連想」。牝、黒鹿毛、2018年3月18日生。美浦・林徹厩舎。父ルーラーシップ、母クイーンオブナプレス。母父Singspiel。生産はむかわ町・上水牧場、馬主はヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン。愛馬会法人・ユニオンオーナーズクラブの募集馬で総額1200万円。半兄には芝で1勝、ダートで3勝を挙げているブライトンロック(父ストーミングホーム)がいる。本馬を見てまず目を引くのがトモ。筋肉量が豊富で迫力のあるトモをしている。胴回りには厚みがあり、全体的にしっかりとした印象。回転の速い走法で、先行抜け出しが合いそうなタイプ。距離は2000m前後を得意としそうだ。なお、鞍上は菅原明良騎手。

☆レッドジェネシス
 2020年7月19日(日)阪神第5R芝2000m戦に出走予定のレッドジェネシス。馬名の由来は「冠名+創世記、起源」。牡、鹿毛、2018年3月17日生。栗東・友道康夫厩舎。父ディープインパクト、母リュズキナ、母父Storm Cat。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額7000万円。本馬は胴伸びが良く、全体のバランスが良い好馬体の持ち主。ディープインパクト産駒らしいしなやかな筋肉を持ち、追い切りでは2歳馬離れしたブレの少ないしっかりとした走りをしている。実戦では切れのある走りで活躍してくれることだろう。なお、鞍上は福永祐一騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ