search
とじる
トップ > 社会 > まるで映画のような結末「ラストダンス殺人事件」【背筋も凍る!女の事件簿】

まるで映画のような結末「ラストダンス殺人事件」【背筋も凍る!女の事件簿】

pic pic

画像はイメージです

 2008年、『砂の影』(監督:甲斐田祐輔)というタイトルの映画が公開された。
 本作は8mmフィルムを使った荒い画質が特徴で、国際映画祭にてプレミア上映が行われ注目された。

 映画『砂の影』の舞台は現代であったが、実は本作にはモデルとなった殺人事件が存在する。それが今回紹介する「ラストダンス殺人事件」である。

 ​>>睡眠薬を飲ませた男にウイスキーを注入「黒い看護婦事件」【背筋も凍る!女の事件簿】<<​​​

 事件は1983年(昭和58年)夏に発覚した。
 7月30日、東京都練馬区のあるアパートで異臭騒ぎがあった。「どこからか腐った臭いがする」という近隣住民からの通報を受けた大家は、異臭を放っている部屋が23歳の女性、A子の部屋であることを突き止めた。

 大家は合い鍵を持ってA子の部屋へ立ち入ったところ、畳の中からとんでもない異臭がする。大家が畳をどけたところ、そこにはドロドロに腐った人間の死体が横たわっていた。
 驚いた大家はすぐに警察へ通報。死体には爆弾のようなものが抱えられており、このアパートには警察・機動隊員たちが集まり、大騒ぎになった。

 結果、ダイナマイトのようなものは赤いおもちゃだとわかり、同時にこの死体の身元も発覚した。
死体はOという28歳の男性で、死後40日間が経過し、首を紐のようで絞められた窒息死であることがわかった。

 しばらくして、部屋主であるA子が発見され、彼女は警察に逮捕された。
 A子とOは共に同じ大学に通っていた先輩後輩で、同じ映画サークルに所属していたカップルだった。

 Oは映画サークルのほか学生運動にも係わっており、そのOの反体制的な思想にA子は心酔しており、恋愛関係は卒業後も続いた。
 ところが、社会に出たことで二人は反体制的な思想から徐々に覚めていき、Oはルポライターになる道を模索したがうまくいかず、気が付けばOも30代目前になっていた。

 A子はOに別れ話を切り出すも受け入れられず、A子は次第にOを心から憎むようになっていた。
1983年6月、A子はOを殺すため自宅へ呼び、ラジオから流れる洋楽に乗ってダンスを踊った。ダンスが終わるとA子は電話コードをOの首にかけ殺害した。

 そして、A子はOの遺体と同居することを選んだ。その同居生活は40日間に及び、Oの死体はやがて異臭を放つようになっていた。
 「ラストダンス」「遺体との同居」とOを殺してからのA子の供述は、あまりに現実離れしていたため、精神に異常がある事が疑われ、懲役7年となった。

 映画サークルで知り合ったカップルの別れは、まさに映画的な結末を迎えたのだ。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ