search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「アイーン」ポーズに声はなかった? 志村けんさんが指名した二代目バカ殿は、恩人でもあるあの芸人

「アイーン」ポーズに声はなかった? 志村けんさんが指名した二代目バカ殿は、恩人でもあるあの芸人

pic pic

志村けんさん

 志村けんさんが29日に亡くなった。ザ・ドリフターズのメンバーとして活躍し、数々のお笑い芸人に大きな影響を与えた志村さん。人々を笑顔にするだけではなく、未来の芸人たちに道しるべを示した彼の功績は大きいと言える。

 中でも、ナインティナイン・岡村隆史は、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で“バカ殿様”、“変なおじさん”など、志村さんが生み出すキャラクターをあえて模すことで笑いを生み出してきた。番組でも、毎年正月に放送される『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(テレビ朝日系)で共演、さらに普段からも飲むことがあったという。

 「志村さんのギャグ『アイーン』は、岡村が流行らせたことで有名です。もともとあのギャグは、マイムだけで言葉を発することはなかったんです。しかし、岡村が所属していたユニット・吉本印天然素材で、バッファロー吾郎Aがふざけて、『アイーン』と言葉を発したのを、岡村が真似したのが始まりです。いつしか、志村さんがそれを知り、『アイーン』は一気に広まりました。なお、志村さんは『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、岡村を二代目バカ殿に指名しています」(テレビ誌ライター)

 側近とも言われていたダチョウ倶楽部を抑えて、近年、仲の良い芸人として有名だったのが千鳥・大悟。レギュラーとして『志村でナイト』(フジテレビ系)にも出演しており、一時期は毎日のように飲みに行っていた。そのたび大悟は志村さんとのエピソードを披露。彼らは実力でブレイクを勝ち取ったが、志村さんとのエピソードトークは、一つの笑いのポイントとなっていた。

 「大悟は『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)のスペシャル番組にも出演。子供の頃から観ていた番組でしょうから、出演は大きな喜びだったことだと思います。最近は飲みに行けていなかったということですから、悲しみもひとしおでしょう」(同上)

 志村さんの逝去は、エンターテインメント界に大きな衝撃を与えた。彼が遺した数々の笑いは、これからも多くの芸人の支えとなることだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ