search
とじる
トップ > レジャー > 本当にあった怖い彼氏〜感謝の言葉を要求するモラハラ男〜

本当にあった怖い彼氏〜感謝の言葉を要求するモラハラ男〜

pic pic

画像はイメージです

大河美奈子(仮名・28歳)

 当時の彼は、とにかく自分のルールを押し付けてくる人で、私の意見は一切聞き入れてくれませんでした。亭主関白といえば聞こえはいいですが、完全にモラハラ彼氏です。自分以外の男とは連絡を取らないように言ってきて、スマホをチェックするのは当たり前。さらに、居場所が常に相手にわかるGPSアプリまで入れられていました。にもかかわらず、彼の方は絶対にスマホを見せてくれませんし、GPSアプリも私だけでした。

 それと、私はいつも彼の家に通い、掃除や洗濯、食事の世話をしていましたが、お礼を言われたことも一度もありません。私がやってくれることを当たり前だと思っているのでしょう。また、彼がたまに何かしてくれた時は、誠心誠意、感謝の言葉を伝えないと機嫌が悪くなります。一番嫌だったのが、一夜を共に過ごす時。

 彼は避妊しない主義で、いつもナマの行為を要求してきます。なので、私は避妊薬のピルを飲むように言われていたのですが、一連の行為でも感謝の気持ちを伝えねばなりません。最終的に彼は、膣内射精を行うわけですが、その時に「出してくれてありがとうございました」と、お礼を言うのがルールになっていたんです。たまに余韻に浸って横になっていると、「おい、お礼はどうした?」と怒られるので、すぐにベッドの上で正座して手をつきながら、頭を下げてその言葉を言ってました。でも、それほど私は尽くしたのに、彼はあっさり別の女性と結婚したんですよね。今考えれば、私は彼に洗脳されているような状態だったのかもしれません。あのまま、もし私が彼と一緒になっていたら、さらに恐ろしい生活が待っていたかもしれないので、今では別れて良かったと思えます。

写真・stevengosch

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ