search
とじる
トップ > 芸能ネタ > “狩野英孝の未成年淫行疑惑”から派生…松本人志と堀江貴文が指摘した法律と現実のギャップ

“狩野英孝の未成年淫行疑惑”から派生…松本人志と堀江貴文が指摘した法律と現実のギャップ

 「フライデー」(講談社)で未成年淫行疑惑が報じられたピン芸人の狩野英孝。各方面に波紋が広がる中、法律と現実のギャップを指摘したのはダウンタウンの松本人志と実業家の堀江貴文である。

 まず、狩野の騒動を確認すると、狩野自身は当初、女性が22歳だと認識していたが、後々17歳の女子高生であることが判明。狩野は女性が成人しているということで真剣交際も考えていたが、やはり未成年ということで、今後は友達関係として付き合っていくと21日に開いた記者会見で説明していた。

 今回の騒動には様々な論点があるが、一つの論点として、女性が年齢を偽っていたというのが重要視されている。民法731条では「男は、18歳に、女は、16歳にならなければ、婚姻をすることができない」と定められており、今回の狩野の騒動についてネット上では「法律がおかしい」「結婚は16歳からできるのになんで?」などと法律と現実との矛盾点を指摘する声も上がっていた。女性の結婚は16歳から認められているが、淫行条例(青少年保護育成条例の一部)では18歳未満の男女とのみだらな行為・わいせつな行為は規制されている。

 この争点において、ネット上と同様の疑問を抱き、そのような内容を発言したのが松本と堀江。

 松本は22日放送の「ワイドナショー」で、「なんで統一しないんでしょうね!? 結婚は18歳に合わせるのか、16歳から結婚できるのなら、16歳からはそういう行為があっても(問題に)ならない…どっちかに合わせてもらわないと、ややこしいですね」と指摘。番組レギュラーの犬塚浩弁護士も「おっしゃる通りです」と同調していた。

 また堀江は、27日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」で、「結婚の年齢を見直すべき」と主張し、「飲酒とかのルールも18歳で統一すべき」と自身の考えを示した。

 男性側の危機管理も大事だが、年齢確認の時に女性から嘘をつかれてしまえば、“お手上げ状態”になってしまうのが現状。この議論はもっとされるべきだろう。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ