search
とじる
トップ > トレンド > JR鶯谷ホームに散乱していたもの

JR鶯谷ホームに散乱していたもの

 東京都台東区のJR鶯谷駅は山手線で最も乗車人員の少ない駅として知られている。JR東日本によると、1日あたりの乗車人員は約2万4000人。新宿駅が約76万人だから、その30分の1しかいない。
 だが、この駅が都内でも最大規模のラブホテル街を有していることをご存じだろうか。駅の北口(東側)を出ると、まず仕事終わりのサラリーマンが立ち寄る屋台や居酒屋が立ち並ぶ。ここを抜けると、鶯谷のもう一つの顔「ラブホ街」がさらけ出されることになる。

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ