search
とじる
トップ > ミステリー > ミステリースポットin九州 湯布院、因縁の地に建つ幽霊マンション

ミステリースポットin九州 湯布院、因縁の地に建つ幽霊マンション

pic pic

画像はイメージです。

 温泉地として有名な大分県、湯布院市。ここには心霊スポットとして有名なマンションがある。

 山中にあるこのマンションは既に廃墟となって久しく、廃墟探訪を趣味とする人にも注目されているそうだ。九州ではなかなか有名なスポットのため、ここにまつわる噂には事欠かない。出現するのは女性の霊だと言われており、地元では「このマンションに行った後、女の幽霊が自宅のアパートまで憑いてきた。その後、彼は幽霊に悩まされ気を病んで、行方不明になってしまった…」という都市伝説めいた話も伝わっている。他にも、「幽霊マンションではなく、立地やマンションの裏山が本当にヤバい」との噂も流れている。

 15年ほど前の話だ。ある女性がこの幽霊マンションに職場の友人等4人で行くことになったという。彼女は霊感が強い上に心霊スポット自体にあまり興味がなかったのだが、「どうしても一緒に行って」と誘われて向かうことになった。他の友人等にも霊感の強い人物が複数いたと言う事も理由にあったかもしれない。しかし、出発しようとした途端に車のエンジンの調子が悪くなってしまった。彼女が嫌な予感を感じて引き返すように言うも、友人達はかえって乗り気になるばかりだったという。
 幽霊マンションは山中にあるため、地元の人間でも土地勘がないと到達しにくい。迷いながらも何とか到着したが、目の前の廃墟の迫力に気圧されたのか、全員車から降りずに外から見ている事しかできなかったという。仕方なく全員は元来た道を帰ることになったのだが、やはり馴れない道なので迷ってしまった。着いた先は、行きは通らなかった湖畔。彼女達が訝しみながらも湖に近づくと、なんと湖畔を歩いている一人の女性がいたのだという。時間は既に深夜、車などは他にはない。どうやって女性がここに来たのか、疑問に思った彼女は「あそこに女の人が!」と指を指したが、即座に側にいた友人に「指をさしちゃダメ!」と大声で叱られてしまった。だが、その次の瞬間には女性も消えており 、恐ろしくなった全員は慌てて車に乗り込むと山を下りることにした。

 ところが、車が山道を出て峠道に差しかかったとき、同乗者の一人の調子がおかしくなってしまった。突然「来るな!」と叫び「なぜ忠告を無視したの?」などと言い始め、更には蛇のようにくねくねと体を揺らしながら座席でのたうち回ったのだ。友人の急変ぶりに驚いた全員は、ともかく街へ車を走らせ、運転手の知人の元でお祓いをしたと言う。その霊能者曰く、彼女には「蛇ともなにともつかない物が憑いていた」そうだ。

 地元では、何でも幽霊マンションよりも、その立地や裏山が本当に危ない、“出る”スポットだとの噂も囁かれている。彼女や友人が見た物も山に潜む何かだったのか。廃墟は今もひっそりと山中に残っているという。

(山口敏太郎事務所)

関連記事


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ