search
とじる
トップ > 芸能ネタ > “キムタク演技”から脱却できない木村拓哉を草なぎ剛が突き放す

“キムタク演技”から脱却できない木村拓哉を草なぎ剛が突き放す

 昨年末に解散した国民的グループ、SMAPの元メンバー、キムタクこと木村拓哉が主演をつとめる「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS)の初回が放送され、14.2%という高い視聴率を記録したことが話題となっている。この視聴率は今クールの民放連続ドラマでは暫定トップ。一方、同じく元SMAPのメンバーである草なぎ剛が主演をつとめる「嘘の戦争」(フジテレビ)は11.8%と、初回視聴率ではキムタクのドラマに惜敗している。

 同クールでの元SMAP同士のドラマ主演ということで、注目を集めたが、現時点での視聴率ではキムタクのドラマの方が一歩リードしている。しかし、業界内での評価は、草なぎへの評価の方が圧倒的に高い。

 「キムタクは相変わらずの“キムタク演技”。SMAP解散で新たなキムタクを期待しましたが、その点ではまったく成長が見られない。俳優としては今後厳しくなることは間違いない。一方、かねてより俳優としての評価が高い草なぎの演技は安定していました」(業界関係者)

 キムタクは、どんなドラマでもキムタクでしかないというのが世間的な評価だが、そのイメージからまったく脱却できていないのが現実。一方で、草なぎは、過去に演出家のつかこうへい氏から、「大天才」「俺の想像を超えてた」とコメントされたほど、演技の評価が高い。映画監督のタカハタ秀太は「超一流」と太鼓判。女優で演出家の渡辺えりは、「天才的な人ですね」と称えている。他にも業界内では脚本家の橋田壽賀子、宮藤官九郎、三谷幸喜が草なぎを大絶賛している。そもそものところ、演技力では、キムタクを圧倒的にリードしている。

 視聴率は別にして、今後、二つのドラマが進んでいく中、二人の圧倒的な実力の差が明らかになっていくことになるだろう。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ