search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 爆笑問題・田中裕二が復帰会見も、12月に相方の太田とW手術

爆笑問題・田中裕二が復帰会見も、12月に相方の太田とW手術

 ウイルス感染による伝染性単核球症のため13日から緊急入院しているお笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二(47)が22日、都内のスタジオで復帰会見を行った。退院はまだしておらず、病院から通うなら仕事をしてもよいという許可が下りた状態という。この日に収録した「ストライクTV」(テレビ朝日系)の模様は、12月10日の同番組で放送予定。しばらくは病院から仕事場へ通い、退院は「来週の頭くらいにできたらいいな」という状況などを報告した。

 報道陣の前に姿を現した田中は、「ご迷惑をおかけしました」とあいさつ。現在、熱は下がっているが、扁桃腺はまだ腫れているという。痛みはだいぶ楽になったとのこと。田中は当初は2、3日で回復すると考えていたというが、医師から「2、3週間は絶対安静」とも告げられた状況を説明。また、点滴を打つなどしながら休養を取るしか快復の方法がないといい、入院から最初の5日間ほどは「ぜー、ぜー」と息をしながら寝ていただけで、だるさと、熱と、痛さで何も考えられなかったことを語った。伝染性単核球症はほとんどの人が子どもの頃にかかっているというが、いっしょに鍋をつついたり、近くで会話をしたりするだけで感染することもあることを告げ、どこで感染したのかはまったくわからないという。キスや飲み物の回し飲みで感染することもあり「キス病」とも呼ばれるが、報道陣から問われると、「ほんと心当たりがないから」「色っぽい話はありません」と苦笑を繰り返していた。

 田中は、入院中に相方の太田光がお見舞いに来たエピソードも語った。太田のモノマネをしながら報道陣を笑わせたが、太田が来た際には田中も声があまり出せない状態で、病状の経過らは別の人が説明したそうだ。テレビ、ラジオなどでレギュラーを多数抱える田中だが、太田が代役を務めたものもあり、「あいつが(過労で)ぶっ倒れるんじゃないか」と心配する一幕も。

 また、田中は、太田が12月に声帯ポリープの手術を受けることを発表。太田の手術は数か月に決まっており、スケジュール調整も済ませているというが、田中は「扁桃腺がもともと肥大で、切った方がいいよといわれていました。今回の病気と直接には関係ないのだけれども、腫れもひどいし、治りも遅くなっちゃうので、切ろう」という結論になり、「選挙もダブルですけど」と前置きをしたうえで、「爆笑問題、ダブル手術です!」と、12月18日に、コンビの2人がそろって同じ病院で手術を受けることを発表。同時に、「また1週間くらい、12月に、爆笑問題は休みます」と宣言。そのときはコンビ揃っての休みになるそうだが、報道陣から、稼ぎ過ぎじゃ? との突っ込みが出ると、「稼ごう、稼ごうとやっているつもりはないのですけど、10何年、ほとんど休み無くやってきたんで。今回、病気とはいえ、10日間寝ていたのは初めて」と振り返った。

 全快には安静にするしか術はないというが、医師や看護師に感謝し、「ご心配、ご迷惑をおかけしまして、すみませんでした」と深々と頭を下げ、会見後に行われる収録の準備へ向かった。(中村道彦)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ