search
とじる
トップ > トレンド > お台場にお江戸再現!? 「東京トリックアート迷宮館」16日オープン

お台場にお江戸再現!? 「東京トリックアート迷宮館」16日オープン

 「トリックアート」という言葉をご存じだろうか。「だまし絵」とも呼ばれる芸術で、遠近法などによる目の錯覚を利用し、平面の絵を立体的に見せたり、角度によってはまったく違った絵に見せるなど、不思議な感覚を味わえる絵画のことだ。国内にも各地にトリックアート美術館があるが、7月16日(土)には、東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」内に「東京トリックアート迷宮館」がオープンする。この「東京トリックアート迷宮館」のウリは世界で初めて“江戸”をテーマにしたこと。また、トリックアートを見るだけではなく、触れたり自由に撮影できるなど、“体験型美術館”にもなっている。

 また「怖くないお化け屋敷」などのテーマゾーンを併設し常時45作品を展示、日本最大規模のトリックアート美術館となっている。お江戸の街並みを忠実に再現した茶屋や宿場町、八百屋などで、江戸時代の人々や妖怪が待ってるぞ! 入場料は大人900円(高校生以上)、小人600円(中学生以下)、3歳以下は無料。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ