search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 『ズートピア』が初首位を獲得した今週の映画ランキング

『ズートピア』が初首位を獲得した今週の映画ランキング

 5月7日と5月8日の映画興行収入ランキング(興行通信社発表)が発表され、2週連続で2位だったディズニーアニメ最新作「ズートピア」が1位を獲得した。

 「ズートピア」は週末2日間で28万8041人を動員、興収3億8677万5600円を記録。作品が高評価でリピーターが続出したため、口コミによる広がりもありGW期間中に集客アップ。累計興収は間もなく30億円に達する。

 先週まで3週連続1位を獲得していた「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は2位に後退したが、週末2日間で20万9805人を動員、興収2億7889万8600円をあげた。劇場版20作目にして、累計興行収入はシリーズ初の50億円を突破した。

 3位は新作で横山秀夫原作の警察小説を主演の佐藤浩市ほか、オールスターキャストで映画化した2部作の前編「64 ロクヨン 前編」。全国319スクリーンで公開され、オープニング2日間で20万3703人を動員、興収2億5727万1900円を記録した。

 「TBSが出資し、同局で大々的にPRが展開されていた『64』だが、特に原作のファン以外の女性客の集客で苦戦すると思われていた。配給元は公開初日に前後編で興収40億円見込みと発表していたが、30億円いくかどうか。6月の後編公開に向け、さらなるPRが必要だと思われる」(映画業界関係者)

 6位はわずか全国142スクリーンの公開ながら、「EXILE TRIBE」のメンバー出演で描くドラマ「HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.」シーズン1の総集編「ROAD TO HiGH&LOW」。オープニング2日間で9万2757人を動員、興収1億2324万2600円をあげ興収10億円が期待できる出足となった。現在、日本テレビ系では同ドラマのシーズン2が放送中。7月の映画版に向けて弾みをつけた。

 14日は男子フィギュア五輪金メダリストの羽生結弦が殿様役で映画初出演する「殿、利息でござる!」、ベストセラー小説を映画化した「世界から猫が消えたなら」、今や売れっ子となった鈴木亮平がかなり際どいコスプレに挑む「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」などが公開される。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ