search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 【ドラマの見どころ!】学校では絶対に教えてくれない、人生のお高い授業料。『闇金ウシジマくん』

【ドラマの見どころ!】学校では絶対に教えてくれない、人生のお高い授業料。『闇金ウシジマくん』

 今日の【ドラマの見どころ!】は山田孝之主演の『闇金ウシジマくん』(TBS系)。映画「乱暴と待機」では下半身の赴くままに浮気セックスに走るグーダラ夫を演じていた(しかもハマリ役!)山田孝之。「ちゅらさん」やセカチューの頃のカワイさは一切封印して最近では時代劇映画にまで役幅を広げてきた彼。童顔にヒゲを生やして挑む今度の役は、またリアルなキャラクター像を確立したかも。金貸しの怖いお兄ちゃんって、けっこうあどけない顔してたりするもんね。

 『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で不定期連載されている、真鍋昌平による漫画『闇金ウシジマくん』。今クールはフジテレビで「流れ星」、「フリーター、家を買う」やその他のチャンネルも税金に関する話とか、お金に直結した内容が多いけど、その中でもダントツ、現代日本に暮らす最下層の人たちをリアルに描く。借金、暴力、風俗。主な内容といったらこの三つ。

 24才で闇金業者・カウカウ・ファイナンスの社長をつとめる丑嶋馨(山田孝之)は、様々な理由で金を借りに来る客にトゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸す。浪費癖のあるOLを風俗で働かせ本番を勧めたり、葬儀の香典で金を返させたり、えげつない方法で返済を迫る。そんなやり方に社員の大久保千秋(片瀬那奈)は違和感を覚えるが…。

 冷静沈着、卓越した判断力で、部下たちを統率する丑嶋は、拝金社会が生み出した新たなヒーロー。身勝手な理由で金を借りに来る客を人と思わず、焦げ付く事を承知で金を貸す。青木雄二が描いた「ナニワ金融道」がサラ金の話だったら、「ウシジマくん」は闇金の話。堂々と営業しているように見えて闇金自体が犯罪なので、期日までに金を用意できなければ女は風俗に沈めて、男はマグロ漁船で働かせる。客がその後どうなろうと知ったこっちゃない。コワイコワイ、これアフリカとかじゃなくて日本話だから。信じがたいけど、これって闇金のほぼリアルなんじゃないかしら。

 一度借りたらアリ地獄。学校では絶対に教えてくれない「闇金」の実態をお高い授業料を払わずとも学べるんだから、安易にお金を借りようとしている人は見ておいた方がいいかもね。暗いドラマの中で唯一の救いは、片瀬那奈演じる千秋の存在。堕ちていく女の客に「あなた、それでいいの?」と問いかける。ドラマオリジナルキャラらしいけど、キレイな顔して津軽弁を話す千秋になんかほっこり。さすが、片瀬那奈だわ。(チャッピー)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ