search
とじる
トップ > スポーツ > ノア 小橋建太が苦渋のタッグリーグ戦断念

ノア 小橋建太が苦渋のタッグリーグ戦断念

 プロレスリング・ノアの小橋建太が4日、都内の同事務所で会見し、29日の東京・後楽園ホール大会で開幕される「グローバル・タッグリーグ戦'08」の欠場を発表。しかし、その目はGHC戦線本格復帰を見据える。
 出場を願うファンの声、会社からの欠場勧告、自分自身の中で高まる出場への闘志。小橋は総合的に判断して出場を断念した。
 3日に行なわれた半年に一度のCT検査ではガンの再発や転移こそ発見されなかったものの、数値は決していいものではなかったという。「申し訳ない」。小橋はファンとパートナーである本田多聞に謝罪を繰り返した。
 タッグリーグ欠場は決定したが、ベルト奪取への思いは「ますます高まっている」という小橋。現状では「自分には資格がない」というが、自らハードルを設定し、ベルト再挑戦を目指す。
 まずは次期シリーズで前回の5試合を上回る出場を約束。復帰後、まだ訪れていない北海道、東北、北陸、中国などの地方大会への参戦を明言。さらには「シリーズ全戦出場しなきゃ挑戦の資格はない」とし「ハードルをクリアしていくことがGHCへの階段につながっている」とステップを踏み、タイトル挑戦を目指していく。
 誰よりもGHCの重さを知っている“絶対王者”だからこそ課す自分への高いハードル。小橋は一歩一歩着実にベルト獲りへの道を歩んでいく。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ