search
とじる
トップ > トレンド > Dカップ巨乳写真流出の“美しすぎる都議”塩村文夏氏に“ニセ乳”疑惑が浮上

Dカップ巨乳写真流出の“美しすぎる都議”塩村文夏氏に“ニセ乳”疑惑が浮上

 6月18日、東京都議会の一般質問で、みんなの党の塩村文夏(あやか=35)都議が、晩婚化や妊娠出産に関する都の支援策を求める質問をする最中に、「早く結婚した方がいい」「産めないのか」といったセクハラとも取れるヤジを浴びた問題は、日本国内はおろか、海外にも波及。

 連日、報道番組やワイドショーは、この問題を取り上げ、塩村都議は21日の「Mr.サンデー」(フジテレビ)に出演するなど、知名度は急上昇。1期目の無名議員だった塩村都議は、今や“最も有名な都議”となった。

 ヤジ問題は23日、自民党の鈴木章浩都議(51)が「早く結婚した方がいい」と発言したことを認め、塩村都議に謝罪したが、「産めないのか」などとヤジった主は、いまだ特定できていない。

 24日には海外特派員協会に呼ばれて会見するなど、塩村都議は海外メディアにおいても、注目の的となった。

 そんななか、ヤジ問題とは別の次元で注目されているのが、塩村都議の美しすぎる容姿と経歴だ。塩村都議は過去にタレント活動していた時期があり、インターネット上には19歳のグラドル時代のDカップ巨乳写真も流出してしまった。ビキニのブラジャーがはち切れんばかりに、たわわに実ったバストにネット上は騒然となり、「またグラビアを披露してほしい」との声も沸き上がっている。

 ところが、ここに来て、19歳当時のバストに、“ニセ乳”疑惑が浮上しているというのだ。巨乳評論家のA氏は「夏場とあって、塩村都議もやや薄着で、比較的プロポーションが分かりやすい服装をしていますが、胸元があまりにもさびしすぎます。せいぜいBカップくらいで、とてもDカップもあるとは思えません。胸がここ数年でしぼんでしまったのか? それとも、グラドル時代は相当、寄せて上げて巨乳に見せかけていたとしか思えません」と語る。

 グラドルがバストを寄せて上げて撮影に臨むのはよくあることだが、有名になったばかりに、16年前の“ニセ乳”疑惑が取りざたされるなど、塩村都議にとってはいい迷惑な話だろう。知名度が上がるのも、いいことばかりではないようだ。
(坂本太郎)

*画像:フェイスブック塩村あやか【みんなの党 東京都議会議員選挙 世田谷選挙区】から

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ