search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 木下優樹菜、タピオカ店店主と和解できない? 元夫・フジモンには仕事が増えそうなワケ

木下優樹菜、タピオカ店店主と和解できない? 元夫・フジモンには仕事が増えそうなワケ

pic pic

木下優樹菜

 姉が勤務していたタピオカ店の女性店主に“恫喝DM”を送り付けていたことで騒動に発展し、芸能活動を休止中のタレント・木下優樹菜だが、元夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史と離婚したことを、昨年大みそかに発表していた。

 各メディアによると、ケンカが原因で約1年前から別居。その後、マンション内別居し、双方が代理人弁護士を立て財産分与の話し合いを済ませ、親権は木下が持つことに。双方はコメントを発表し、あくまでも円満離婚であることを強調した。

 「木下からすれば、恫喝騒動に加え離婚で二重のイメージダウン。少しでもダメージを軽減するためか、一部メディアでは離婚原因が木下に対する藤本のDVであることが報じられた」(テレビ局関係者)

 藤本は離婚発表翌日の今年1月1日、「第53回新春!爆笑ヒットパレード2020」に生出演。

 藤本は番組中盤、「チョリチョリ〜!財産分与で頂きました」と、元妻が使い2008年には新語・流行語大賞にノミネートされた「チョリ〜ッス」をポーズ付きで披露。正月早々、自虐ネタで笑わせた。

 「今後、藤本さんは養育費を支払うことになりそうだが、とにかくいい人なので同情を集めて仕事が増えそう」(同)

 一方、イメージが地に落ちてしまった木下の芸能活動復帰はかなり難しそうだが、“恫喝DM”を送り付けた店主とまだ和解していないことを発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じた。

 同誌によると、騒動の発端となった木下の姉はママ友に対し、「お店が関東連合の人間とつながっていたから、優樹菜は謝ることになった」と、歌舞伎俳優の市川海老蔵に対する暴行事件で一躍名を馳せた半グレ集団の名前を出す始末だったのだとか。

 同誌が店の経営者に取材したところ、つながりを否定。まだ謝罪の連絡が来ていないことを明かしたというのだ。主婦層から絶大な人気を誇っていた木下。復帰はいつになるのだろうか…。
.

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ